Reuters logo
システム ディ Research Memo(8):二地方銀行に金融機関特化型ソフトを初納入。今後の拡大が期待される
2017年7月13日 / 06:53 / 4ヶ月後

システム ディ Research Memo(8):二地方銀行に金融機関特化型ソフトを初納入。今後の拡大が期待される


*15:48JST システム ディ Research Memo(8):二地方銀行に金融機関特化型ソフトを初納入。今後の拡大が期待される
■中長期の成長戦略と事業部門別取り組み状況

4. ソフトエンジニアリング事業
ソフトエンジニアリング事業では幅広い業種の民間企業や官公庁向けに、文書・契約書等の管理システム等を提供している。具体的商品としては、『規程管理システム』や『契約書作成・管理システム』『マニュアル作成・管理システム』などがラインナップされている。ソフトエンジニアリング事業の業容拡大を後押しするのは、官民の別や業種を問わず、コンプライアンス経営やコーポレートガバナンスの強化が、経営上、組織防衛上の最重要課題になってきていることだ。

ソフトエンジニアリング事業の特長は収益性が高い点だ。同事業で提供するソフトウェアの本質として、文書や契約書に関しては顧客側が自らモディファイ(改変)して利用することになる。一方、それらをきちんと管理する枠組みはシステム ディ3804のソフトウェアの機能として十分高い満足度を提供できている。すなわち、パッケージソフトを販売した後の手がかからないビジネスとなっている。これが収益性の高さにつながっていると弊社ではみている。

2017年10月期の進捗としては、金融機関向けに特化した『規程管理システム』が、複数の地方銀行に納入することに成功したことが挙げられる。この分野は同社にとってはブルーオーシャンの領域とみられ、今後の同事業の成長源となると弊社では期待している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below