Reuters logo
システム ディ Research Memo(9):2018年3月末の新会計制度導入期限を控えて、需要急増が迫る
2017年7月13日 / 06:53 / 4ヶ月後

システム ディ Research Memo(9):2018年3月末の新会計制度導入期限を控えて、需要急増が迫る


*15:49JST システム ディ Research Memo(9):2018年3月末の新会計制度導入期限を控えて、需要急増が迫る
■中長期の成長戦略と事業部門別取り組み状況

5. 公会計ソリューション事業
公会計ソリューション事業は、地方自治体向けに新公会計のためのソフトウェアやソリューションを提供する事業だ。総務省は地方自治体に対して企業会計原則に基づく会計制度(複式簿記に基づく発生主義会計)の導入を2018年3月末までに完了させることを求めており、各自治体はそれへの対応を進めていることが、公会計ソリューション事業を後押しする背景となっている。総務省は新会計制度のための無償ソフトを提供しているが、実際の使い勝手やサポート機能の有無という点が、各自治体が民間事業者の有料ソフトを導入する動機付けとなっている。

システム ディ3804は複式簿記決算システム『PPP』(トリプル・ピー)を開発・販売している。現状はバージョン5まで熟成が進み、自治体側からの評価がさらに向上した。2016年10月末時点で511自治体に同社の『PPP』が導入され、デファクトスタンダードとしての地位を確立している。

2017年10月期第2四半期も引き続き好調に推移し、業績は大幅に伸長した。2017年4月末の導入自治体数は673自治体と半年前に比べて162の増加だ。弊社ではこの半年間で500自治体前後増加する可能性を想定していたが、自治体の意思決定のスピード感と、総務省の期限設定に反しても何ら罰則がないことについて、弊社が見方を誤ったことがこの差につながったと分析している。

しかし、総務省が求める新会計基準の導入期限が一段と迫るのは事実であり、今後、未導入自治体において新会計ソフトの導入が加速すると期待される点は従来から変わっていない。総務省の指針に間に合わせるためには2017年10月頃までに公会計ソフトを導入する必要があるが、前述のような自治体特有の事情を考慮して、(自治体にとっての会計年度末である)2018年3月末までに、約500自治体向けに販売が積み上がるものと、弊社では想定している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below