Reuters logo
システム ディ Research Memo(14):2017年10月期は前期比横ばいの5円配を予想
2017年7月13日 / 07:03 / 4ヶ月後

システム ディ Research Memo(14):2017年10月期は前期比横ばいの5円配を予想


*15:57JST システム ディ Research Memo(14):2017年10月期は前期比横ばいの5円配を予想
■株主還元

システム ディ3804は株主還元について配当によることを基本としており、配当金額は成長のための内部留保の充実と安定配当を両立できるよう決定するとしている。2009年9月期(当時)以降は、成長投資を優先してきたため、年間3円が続いていた。その間、新製品開発や事業領域拡大が実って業績は着実に成長したため、ここ数年、配当性向は10%を下回ることが多かった。

2017年10月期について同社は、前期比横ばいの5円の配当予想を維持している。好調な第2四半期決算を受けても通期予想を維持したことと帳尻を合わせたという見方もできる。

同社はリーマンショックの前までは10円配を行っていた。同社が目指すことの1つには、“リーマンショック前の状況への復帰”というものがあり、その要素には配当金も含まれる。前述のように、同社は今期予想の業績水準を大きな節目と位置付けているが、そこにはリーマン前への復帰に向けての一里塚といった意味も含まれていると弊社では考えている。期首業績予想が首尾よく達成されれば、配当においてもそれを反映したものとなる可能性は十分あると弊社ではみている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below