Reuters logo
ソルクシーズ---IoTによる見守り支援システム「いまイルモ」、ナースコール連携実証事業を開始
2017年7月13日 / 07:13 / 4ヶ月後

ソルクシーズ---IoTによる見守り支援システム「いまイルモ」、ナースコール連携実証事業を開始


*16:04JST ソルクシーズ---IoTによる見守り支援システム「いまイルモ」、ナースコール連携実証事業を開始
ソルクシーズ4284は13日、同社が提供するIoTによる見守り支援システム「いまイルモ」を使って、施設利用者の離床や離座(トイレ)を検知し、ナースコールで通知するシステムの実証事業を開始したと発表。社会福祉法人善光会(東京都大田区)の特別養護老人ホーム「フロース東糀谷」にて実証を行う。

本実証事業では、既存の見守りセンサーやドアセンサー、離床センサー、トイレセンサー、非接触バイタルセンサーを組み合わせて、施設利用者の離床、離座を検知し、既設のナースコールで施設従事者に通知するシステムの検証を行う。ナースコールを利用することで、通常「いまイルモ」の通知受信に必要であったスマートフォン等の端末を携帯する必要がなくなる。

約1ヶ月間(予定)の実証事業を経て、信頼性や業務効率を検証したのち、老人ホームや高齢者住宅等の集合住宅での実用化を目指す考え。これまで一般住宅での見守り支援を主なターゲットとしてきた「いまイルモ」だが、今回の実証事業を契機に、施設での利用拡大を図っていく。



《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below