Reuters logo
GMO-AP Research Memo(7):インターネット広告市場は技術進化を遂げながら高成長が続く
2017年7月14日 / 06:14 / 4ヶ月後

GMO-AP Research Memo(7):インターネット広告市場は技術進化を遂げながら高成長が続く


*15:06JST GMO-AP Research Memo(7):インターネット広告市場は技術進化を遂げながら高成長が続く
■GMOアドパートナーズ4784の市場環境と成長戦略

1. インターネット広告市場の動向について
2016年のインターネット広告市場は前年比13.0%増の1兆3,100億円と拡大基調が続いており、広告市場全体に占める比率も20.2%まで上昇してきた(2009年は11.9%)。広告費全体では前年比1.9%増、うち最も大きい比率を占めるテレビメディアは1.7%増の1兆9,657億円にとどまっており、今の勢いでいくと数年後には逆転することも十分考えられる。

これはパソコンやスマートフォンの普及、並びに通信インフラ環境の整備に伴って、インターネットの視聴やスマートフォンの利用時間が増加し、逆にテレビの視聴時間が減少するといった生活スタイルの変化が背景にある。また、インターネット広告市場についても従来は、バナー広告のような枠を買い取る純広告から、現在では個々のユーザーに合わせて最適な広告を配信するアドネットワーク広告が主流になっているほか、動画広告も一般的となるなど、技術進化が日進月歩で進んでいることも大きい。費用対効果で見ればインターネット広告の優位性は高いことから、今後も成長拡大が続くと予想される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below