Reuters logo
エニグモ Research Memo(4):成長のための先行費用をこなしながら2ケタの増収増益を継続する見通し
2017年7月14日 / 06:29 / 4ヶ月後

エニグモ Research Memo(4):成長のための先行費用をこなしながら2ケタの増収増益を継続する見通し


*15:24JST エニグモ Research Memo(4):成長のための先行費用をこなしながら2ケタの増収増益を継続する見通し
■業績見通し

2018年1月期通期の業績予想についてエニグモ3665は、期初予想を据え置き、売上高を前期比20.0%増の4,977百万円、営業利益を同11.2%増の1,966百万円、経常利益を同11.5%増の1,966百万円、親会社株主に帰属する当期純利益を同17.4%増の1,342百万円と引き続き増収増益を見込んでいる。総取扱高では前期比23.1%増の40,965百万円を想定している。

増収率が2017年1月期に比べて緩やか※なのは、2016年1月期に実施したマスキャンペーン(TVCM等)効果の一巡により会員数の伸びを保守的にみていることが要因である(伸び幅では前期とほぼ同水準を想定している模様)。一方、アクティブ率やARPU については前期とほぼ同水準を確保する前提のようだ。

※2017年1月期の増収率は45.1%増。2016年1月期に実施したマスキャンペーン効果により想定を上回る会員獲得が業績の伸びに寄与した。


一方、営業利益率が39.5%(2017年1月期は42.6%)と若干低下するのは、「BUYMA」の次のステージに向けた投資として、より幅広いユーザーに満足してもらうためのインフラ、決済基盤の強化に先行費用をかけることが要因である。

弊社では、ユーザー層の幅が広がっていることや内部施策(購入点数の増加など)がうまく機能していること、第1四半期で低調に推移したメディア事業も回復に向かっていることから、同社の業績予想の達成は十分に可能であるとみている。ただ、前述のとおり、会員数の伸びにやや鈍化傾向がみられることから、今後も高い成長率を持続するために、再度マスキャンペーン(広告費の戦略投入)を実施する可能性も念頭に置く必要があるだろう。そうなった場合、そのタイミングや規模によっては一時的な利益の下振れ要因となる可能性もある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below