Reuters logo
メディシノバ--- MN-166のALSを適応とする臨床治験に関する口演発表アブストラクトが採択
2017年11月7日 / 06:52 / 11日後

メディシノバ--- MN-166のALSを適応とする臨床治験に関する口演発表アブストラクトが採択


*15:45JST メディシノバ--- MN-166のALSを適応とする臨床治験に関する口演発表アブストラクトが採択
メディシノバ4875は、米国を拠点とするバイオ医薬品ベンチャー。中枢神経系疾患向けMN-166(イブジラスト)、非アルコール性脂肪肝疾患・特発性肺線維症向けMN-001(タイペルカスト)の開発に注力中。

同社は2日に、米国ボストンで現地時間12月8日から12月10日まで開催される第28回ALS/MND(筋萎縮性側策硬化症/運動神経疾患)国際シンポジウムにおいて、ALSを適応として現在実施中のMN-166(イブジラスト)の臨床治験に関する口演プレゼンテーションのアブストラクト(要約)が採択されたことを発表した。

本治験は、6ヶ月間のプラセボ対照、無作為二重盲検に続き、オープンレベル(非盲検)6ヶ月の合計12ヶ月の治験である。MN-166の安全性、認容性及び治療効果を評価するが、治療効果の評価には改訂版ALS機能評価スケール(ALS患者の包括的な重症度指標)、呼吸機能、筋力などの評価項目を含むとのこと。
発表は、現地時間12月8日16時よりウェスティン・ボストン・ウォーターフロントにおいて、「Ibudilast: Bi-modal therapy with riluzole in early and advanced ALS patients(初期及び進行ALS患者を対象としたリルゾール服用下におけるイブジラストの治療効果)」というタイトルで行われる。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below