Reuters logo
ジーンテクノサイエンス---千寿製薬と共同開発中のバイオ後続品(バイオシミラー)が第3相臨床試験開始
2017年11月9日 / 04:16 / 9日後

ジーンテクノサイエンス---千寿製薬と共同開発中のバイオ後続品(バイオシミラー)が第3相臨床試験開始


*13:12JST ジーンテクノサイエンス---千寿製薬と共同開発中のバイオ後続品(バイオシミラー)が第3相臨床試験開始
ジーンテクノサイエンス4584は9日、千寿製薬と共同で開発を進めている眼科治療領域のバイオシミラーについて、国内で第3相臨床試験を開始したと発表。

本バイオシミラーは、加齢黄斑変性症などの眼科疾患患者に対して症状を改善する目的で使用するものである。本製品の対象疾患は加齢を要因として発症するケースが多く、日本では患者数が増加傾向にある。2016年の当該疾患に対するバイオ医薬品市場規模は、国内で約650億円、海外で約9,500億円とされており、加齢黄斑変性症のみでも推定患者数69万人(2007年時点)ともいわれている。

同社は、引き続き本バイオシミラーの製造販売承認取得を目指し、千寿製薬との共同事業化を推進していく。また、千寿製薬との協業の下、国内のみならずより市場規模の大きい海外への展開も積極的に図る考え。

本バイオシミラーは同社にとって、2016年9月に公表した腎性貧血治療薬ダルべポエチンアルファバイオシミラーの次に第3相臨床試験を開始した開発品目である。同社は2020年以降、順次これらの製品を市場に投入すべく着実に開発を推進している模様。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below