Reuters logo
白鳩 Research Memo(3):既存事業に加え、成長・新規事業による成長で中期的に売上高100億円超えを目指す
2017年11月9日 / 06:06 / 16日後

白鳩 Research Memo(3):既存事業に加え、成長・新規事業による成長で中期的に売上高100億円超えを目指す


*15:00JST 白鳩 Research Memo(3):既存事業に加え、成長・新規事業による成長で中期的に売上高100億円超えを目指す
■中期的成長戦略

1. 成長戦略の全体像
白鳩3192の成長戦略は『既存事業』と『成長・新規事業』の2つから成っている。

既存事業とは、現在の同社の事業そのものであり、インナーウェアのEC事業だ。ここでは具体的成長戦略として1)取扱ブランドの開拓、品ぞろえの強化、2)自社ブランド商品開発力の強化、3)海外市場(越境EC)への参入拡大、の3点が掲げられている。

成長・新規事業は、既存のEC事業の中で成長性の高い事業の拡大や、同社の強みでもあるECのプラットフォーム(しくみ)を生かした周辺業態への進出がその内容となっている。具体的な項目として1)ブルーミングスタイル事業の拡大、2)BtoB領域における取引拡大が掲げられている。

同社は現在、上記の成長戦略に基づいた5ヶ年中期経営計画を策定中だ。当然ながら現時点では業績計画等の数値目標は開示されておらず、考え方の大枠のみが示されている。その内容は以下のようなものだ。まず既存事業(現在の同社の事業)では、年間10%の増収を継続することを目標として掲げている。これが達成された場合、5年後(2022年8月期)の売上高は8,186百万円と80億円台に乗ってくる。一方で成長・新規事業を20億円規模の事業に育成し、全社売上高を100億円の大台に乗せることを目指している。同社は新中期経営計画を2018年8月期中に公表する計画だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below