Reuters logo
白鳩 Research Memo(5):委託販売やECシステムの活用などの新規事業に期待が高まる
2017年11月9日 / 06:06 / 12日後

白鳩 Research Memo(5):委託販売やECシステムの活用などの新規事業に期待が高まる


*15:00JST 白鳩 Research Memo(5):委託販売やECシステムの活用などの新規事業に期待が高まる
■中期的成長戦略

3. 成長・新規事業の成長戦略
成長・新規事業における成長戦略のうち特に注目されるのはBtoB事業の拡大だ。白鳩3192は本社の隣接地を取得済みであるがそこを活用し、倉庫・配送施設の拡充を計画している。そのキャパシティと同社が自社開発したECシステムとを活用し、インナーウェアメーカーからの委託販売を新規事業の1つとして検討しているもようだ。事業モデルの詳細は明らかにされていないが、スタートトゥデイ3092が展開するECサイト「ZOZOTOWN」のインナーウェア特化版のような形になるのではないかと弊社では推測している。

同社のECシステムもまた新規事業の1つになる可能性がある。同社が手掛けるインナーウェアのEC事業は、一見すると参入障壁が低いが、同社と全面的に競合する企業はまだ現れていない。そうした参入障壁の高さは、インナーウェア特有のSKU(Stock Keeping Unit、商品の最小分類単位)の多さとそれに伴う在庫管理の煩雑さにあるとされている。同社のECシステム(社内呼称は『楽らく通販システム』)は複数の販路別の在庫を一括管理するほか、配送や経理等の社内管理業務とも連動した一貫型である点に特長がある。同社はこのシステムを活用した新規事業を検討中だ。具体的な事業形態としては、システム・ソフトウェアの外販やECコンサルティングなど様々なものが考えらえるが、詳細は中期経営計画の発表を待たねばならない。

ブルーミングスタイル事業はオリジナルブランドである“blooming”シリーズを展開する事業で、現在、“blooming FLORA”(ルームウェア)と“blooming FLORA essence”(インナーウェア)を展開している。ブルーミングスタイル事業の拡大は、既存事業における成長戦略であるPB・コラボ商品の拡大と部分的に重なる。成長事業として既存事業から切り離したのは、ブルーミングスタイル事業で手掛ける自社ブランドのブランド力が着実に力を付けていることが背景にあるためとみられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below