Reuters logo
注目銘柄ダイジェスト(前場):NTT、三井金、Vテクなど
2017年11月13日 / 02:38 / 6日前

注目銘柄ダイジェスト(前場):NTT、三井金、Vテクなど


*11:32JST 注目銘柄ダイジェスト(前場):NTT、三井金、Vテクなど
NTT9432:5836円(+84円)
反発。先週末に決算を発表、7-9月期営業利益は前年同期比10.1%増の4836億円となり、市場予想を250億円程度上回った。コスト削減や減価償却費減少などで地域通信が増益となったほか、長距離・国際通信、データ通信も上伸した。通期計画は、ドコモのタタからの仲裁裁定金受領により、税前利益および純利益が上方修正されている。想定の範囲内ではあるものの、安定した業績の確認で、今後の株主還元策への期待などが改めて強まる形にも。


ダイフク6383:6390円(+530円)
大幅反発。先週末に上半期の決算を発表、7-9月期営業利益は100億円で前年同期比71%増益、市場予想を10億円強上回る着地となった。通期計画は300億円から370億円に、第1四半期決算に続いて再度上方修正、コンセンサスを50億円程度上回っている。半導体関連やFA関連分野での受注好調が業績拡大の背景。通期受注高も4400億円予想から4900億円予想に引き上げ、来期の業績拡大期待にもつながる形へ。


三井金5706:6770円(+840円)
大幅反発。先週末に上半期決算を発表、同時に通期予想を上方修正しており、経常利益は300億円から390億円に大きく引き上げられた。市場コンセンサスを30億円強上回る水準となっている。極薄銅箔やITOターゲット材など機能材料事業の好調が業績上振れの背景。下期には電子材料の在庫調整なども懸念されていたが、こうした警戒感は払拭される形にもなっている。野村証券では目標株価を7600円から8300円に引き上げ。


ネクソン3659:3405円(+240円)
大幅反発。先週末に第3四半期の決算を発表、7-9月期営業利益は227億円で前年同期比39.4%増益、会社計画の上限値204億円を上振れての着地となった。中国の「アラド戦記」の好調が継続しているほか、韓国オンラインゲームも寄与した。新たに発表された通期営業利益計画は909-941億円のレンジとしており、下限水準でも市場予想を40億円程度上回っている。取得上限450万株、100億円の自社株買い発表もプラスの期待材料に。


石原産4028:2032円(+356円)
大幅反発で上昇率トップ。通期業績予想の大幅な上方修正がポジティブサプライズにつながっている。営業利益は47億円から92億円、前期比9.3%増益へ増額修正。酸化チタンの販売量増加やアジア、北米向けの農薬販売が好調に推移しているもよう。先に上半期予想を15億円から38億円に増額しており、上振れは想定線であるが、下半期も上半期同様の修正幅となるなど、想定以上の修正幅との見方が優勢に。


資生堂4911:5123円(+149円)
大幅続伸。大和証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も4790円から6090円に引き上げている。中国人の活発なモビリティを獲得することなどにより、日本、中国、トラベルリテールなどの事業で収益を大きく伸ばしている点を高く評価しているもよう。欧米事業の赤字縮小なども含め、当面は営業利益の水準が大きく上昇し、会社が掲げていた「20年度営業利益1000億円超」は通過点にすらなりつつあると考えているようだ。


Vテク7717:21250円(+2040円)
大幅反発。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は35.5億円で前年同期比45.5%増益となった。第1四半期が6.5億円で同48.9%の大幅減益であったことから、急速な収益水準の回復がポジティブ視されている。市場予想も上回る状況となった。7-9月期受注額も引き続き高水準で推移、期末受注残高は977億円となり、通期計画の達成確度も高まったとの見方につながっている。


アルファポリス9467:1537円(+300円)
ストップ高。17年4-9月期(第2四半期累計)決算発表とともに、18年3月期の通期業績予想を上方修正している。第2四半期累計の営業利益は前年同期比2.6倍の2.05億円で着地した。また、通期営業利益見通しは2.00億円から5.00億円(前期は1.74億円)へと引き上げた。従来予想より増益幅が大きく拡大する見込み。売上高が好調に推移したことに加え、ゲーム事業に関するコストを当初見込み以上に圧縮できた。


BS3623:8650円(+1500円)
ストップ高。17年1-9月期(第3四半期累計)決算とともに、17年12月期業績予想の上方修正と株式分割の実施を発表している。第3四半期累計の営業利益は前年同期比23.6%増の2.09億円で着地した。通期営業利益見通しについては従来の1.75億円から2.33億円(前期は2.23億円)へと引き上げた。また、12月31日(実質的には29日)を基準日として1株につき2株の割合で株式分割を実施する。


中村超硬6166: - 円( - 円)
ストップ高買い気配。17年4-9月期(第2四半期累計)決算発表とともに、18年3月期の通期業績予想を上方修正している。第2四半期累計の営業損益は6.94億円の黒字(前年同期は1.94億円の赤字)で着地した。また、通期営業利益見通しは従来の8.00億円から15.00億円(前期は16.53億円の赤字)へと引き上げた。かねて通期業績の上振れ期待は高かったが、修正後の営業利益見通しは市場コンセンサス(12億円程度)を上回った。


フリークHD6094: - 円( - 円)
ストップ安売り気配。17年9月期決算を発表している。純利益は前期比2.1倍の8.42億円となった。しかし、18年9月期の通期業績については純利益で同69.1%減の2.60億円との見通しを示しており、ネガティブ視されているようだ。主要事業であるDSP・DMP事業はいずれも売上・EBITDA(営業利益+減価償却費+のれん償却額+持分法による投資利益)ともに増加するが、新規事業領域における先行投資に伴い一時的な利益減少を見込む。


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below