Reuters logo
スターティア---2Qは売上高が12.5%増、損益も大幅改善。MFP販売が好調に推移
2017年11月13日 / 07:28 / 9日後

スターティア---2Qは売上高が12.5%増、損益も大幅改善。MFP販売が好調に推移


*16:21JST スターティア---2Qは売上高が12.5%増、損益も大幅改善。MFP販売が好調に推移
スターティア3393は10日、2018年3月期第2四半期(2017年4~9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比12.5%増の53.72億円、営業利益が2.21億円(前年同期は1.19億円の損失)、経常利益が2.35億円(同1.10億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益が同739.7%増の2.10億円だった。

デジタルマーケティング関連事業は、とくにMA(マーケティングオートメーション)ツール「BowNow(バウナウ)」のフリープラン提供は好調に推移しており、Webや展示会、パートナー経由で多くの企業にて受注・設置が進んでいる。また、デジタルマーケティングに関するトータルソリューションを顧客へ提供することで、他社との差別化を進めた。さらに、付加価値の高いコンサルティングを提供することで事業の収益性を改善した。

ITインフラ関連事業は、顧客目線に立ち、中小企業等のニーズに対応していくため、顧客にとって望ましい体制、仕組みである「カスタマー1st」体制の活動の成果として、顧客から専任担当者への案件相談件数も上昇し、セキュリティ対策を中心としたネットワーク機器関連の実績と、コスト削減、業務効率アップの対策としてのMFP販売が好調に推移した。

コーポレートベンチャーキャピタル事業は、Hostel Hunting Sdn Bhd(マレーシア)に投資を行った。

2018年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比2.1%増の105.00億円、営業利益が同62.3%減の1.00億円、経常利益が同65.0%減の1.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が1.12億円(前期は0.05億円の利益)とする期初計画を据え置いている。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below