Reuters logo
メディカル・データ・ビジョン---3Qは2ケタ増収増益、調査・分析サービスが好調
2017年11月14日 / 06:50 / 7日後

メディカル・データ・ビジョン---3Qは2ケタ増収増益、調査・分析サービスが好調


*15:49JST メディカル・データ・ビジョン---3Qは2ケタ増収増益、調査・分析サービスが好調
メディカル・データ・ビジョン3902は13日、2017年12月期第3四半期(2017年1~9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比21.8%増の21.09億円、営業利益が同38.6%増の1.71億円、経常利益が同37.9%増の1.68億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同0.2%減の0.75億円となった。

特にデータ利活用サービスが成長しており、主力のアドホック調査サービスは前年同期比で約140%、保有する規模診療データベースは、実患者数が全日本国民の7人に1人に相当する2,020万人(2017年10月末現在)と引き続き日本最大規模となっている。
医療機関向けのパッケージ販売を主としたデータネットワークサービスは、DPC分析ベンチマークシステム「EVE」の導入数が799病院と、大規模なDPC実施病院のベンチマークデータを保有している。また、病院向け経営支援システム「Medical Code」の導入数は246病院となった。
さらに、患者自身が診療情報の一部を保管・閲覧できるWEBサービス「カルテコ」と患者が自由に支払い条件を設定できる医療費後払いサービス「CADA決済」を電子カルテと連携させ活用するサービスである「CADA-BOX」の導入数が3病院となった。
「CADA-BOX」は、次のデータ利活用ビジネス拡大のためのベースとなる。

2017年12月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比36.8%増の36.00億円、営業利益が同25.9%増の5.42億円、経常利益が同29.9%増の5.40億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同74.9%増の3.11億円とする期初計画を据え置いている。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below