Reuters logo
はてな Research Memo(3):ユーザーがコンテンツを作成し、他のユーザーが閲覧するUGCサービスをビジネス化
2017年11月15日 / 00:06 / 8日後

はてな Research Memo(3):ユーザーがコンテンツを作成し、他のユーザーが閲覧するUGCサービスをビジネス化


*09:02JST はてな Research Memo(3):ユーザーがコンテンツを作成し、他のユーザーが閲覧するUGCサービスをビジネス化
■事業概要

1. コンテンツプラットフォームサービス
コンテンツプラットフォームサービスでは、ユーザーがコンテンツを発信・拡散するUGCサービスとして「はてなブックマーク」、「はてなブログ」、等のサービスを展開している。任意のWebページにユーザーがコメントを簡潔に付けることができる「はてなブックマーク」があることで、「はてなブログ」の記事に他のユーザーの意見や批評が集まりやすいという特徴があり、長い文章や論考、コラムのようなものが発信される割合が高くなっている。これらのサービスを通じてコミュニティが形成され、他社には簡単にまねのできないものとなっており、はてな3930の優位性の源泉となっている。収益としては、有料サービスの利用料とアフィリエイト広告収入であり、アフィリエイト広告はブログの無料ユーザーに対して当社が広告を掲載することで収益を確保している。内訳は公表されていないが、多くは広告収入とのことである。

ユーザーに関する指標を見ると、登録ユーザー数、ユニークブラウザ数が成長を続けており、利用者が増加することで広告収入も増加し、収益が右肩上がりで増加している。

主要サービスは以下の3種類である。

(1) 人力検索はてな
2001年にサービス開始。質問やアンケートを通じて疑問を解決するナレッジコミュニティサービスの草分けで、はてなの最初のサービスでもあり、社名の由来となっている。検索エンジンで解決できない疑問がある時や、簡単に統計を取りたい時に有用なQ&Aサービスであり、他のユーザーに対して、簡単に質問したりアンケートを実施できる。

(2) はてなブックマーク
2005年にサービス開始した、国内最大級のソーシャルブックマークサービスで、気になったWebページを、感想やタグとともに、オンライン上で簡単に管理できる。ブックマークを共有することにより、インターネット上で盛り上がっている話題を知ることができる。

(3) はてなブログ
2013年に開始したサービスであるが、2003年3月よりサービス開始した「はてなダイアリー」の後継サービスであり、実質10年以上の歴史がある。シンプルでモダンなデザインに、執筆を助ける機能が充実したブログサービスで、長い文章をじっくり書いて発信したいハイエンドブロガー向けであり、画像・動画やTwitterなどを簡単に貼り付けることができ、様々な表現が可能。

2. コンテンツマーケティングサービス
コンテンツマーケティングサービスではUGCサービスで培ったシステム・ノウハウを生かし、オウンドメディア構築のためのCMSやオウンドメディアに集客するための広告サービス等を提供している。「はてなブログMedia」は企業向けCMSを、オウンドメディアを構築・運用したいクライアント企業に提供する際に支援するサービスである。

収益は「はてなブログMedia」のシステム利用料やコンテンツ作成支援料、ネイティブ広告・バナー広告・タイアップ広告収入であり、具体的な割合は非公表である。

「はてなブログMedia」の運用数は順調に増加しており、売上げも順調に増加傾向にある。

3. テクノロジーソリューションサービス
UGCサービスで蓄積してきた技術力やノウハウを活用し、オウンドメディアをスクラッチで構築する受託サービスや、データを分析してクライアント企業にSaaS提供するビッグデータサービス(アドテクノロジーサービス、クラウド支援サービス)を展開している。

(1) 受託サービス
オウンドメディア構築による、コンテンツマーケティングサービスとは別にユーザー企業独自のシステム開発・運用を受託するサービスである。クライアントからの受託開発料および保守・運用が収益を上げており、任天堂7974、(株)集英社、角川書店(カドカワ9468)、など大手企業のシステムを受託している。

(2) ビッグデータサービス
アドテクノロジーサービスとして「BrandSafeはてな」があり、クラウド支援サービスとして「Mackerel」がある。

a) BrandSafeはてな
「はてなブックマーク」で使用しているサイト判定アルゴリズムを元に開発したURL判定システムを用い、ブランド保護の観点から広告を配信するのに不適切なページを自動判定が可能である。DSP※などの広告配信事業者のサービスに搭載することで、リアルタイムかつ高精度に配信先を判別し、不適切なサイトに広告が配信されないようにすることが可能。

※DSP=Demand-Side Platform:広告出稿の費用対効果を高めたい広告主のためのサービス。


b) Mackerel
「Mackerel」はクラウドサービスやデータセンターで稼働するサーバーやアプリケーションなどを簡単に管理することが出来るSaaS型の監視ツールであり、エンドユーザーに提供するほか、クラウド事業者向けにも提供している。使いやすいUIと効率的なAPIにより総合的な監視体験と、より自動化されたインフラ基盤の構築を可能にする。従来より監視ツールは、ユーザーが個別に構築して運用する事が多くあるが、継続的に一定の投資を行うことが難しく、監視ツールが陳腐化したことにより、急速に進化するクラウドサービスなどへの追従が難しく、先進的なテクノロジーを活用した効率的なシステムを展開することを阻害するケースが多数発生している。「Mackerel」を活用することで、監視ツールそのものを個別に管理する手間から開放され、急速に進化するクラウドサービスなどを活用した本業ビジネスへ注力することが可能となる。

類似商品がほぼ無いため、同社では国内でSaaS型サーバー監視サービス提供の先行者のポジションを確立中である。Web企業、ゲーム制作企業やアドテク企業での導入が顕著だが、エンタープライズ領域における利用も試行されている。監視には過去情報含めたデータ分析が重要なため、解約しづらく、サーバー増設に伴い顧客単価が増加する傾向もある。サイバーエージェント4751、任天堂(株)7974、GMOペパボ(株)3633、freee(株)、(株)バンダイナムコスタジオ、(株)メルカリ、富士通クラウドテクノロジーズ(株)、KDDI(株)9433、ビッグローブ(株)等多くの企業で活用されており、導入顧客数が右肩上がりで増加している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below