Reuters logo
BS11 Research Memo(6):番組制作費と広告宣伝費に積極的に費用を投下
2017年11月15日 / 06:21 / 3日後

BS11 Research Memo(6):番組制作費と広告宣伝費に積極的に費用を投下


*15:16JST BS11 Research Memo(6):番組制作費と広告宣伝費に積極的に費用を投下
■業績の動向

3. 費用・利益の動向
日本BS放送9414の費用は、売上原価における番組関連費用と放送関連費用、販管費における広告関連費用の3つの項目が中心となっている。

2017年8月期は、番組作りのために先行的に費用を投下する決断をした結果、番組関連費用が前期比18.9%増の3,400百万円に増加した。この増加分のほぼすべてが自社制作にかかる番組制作費であり、その額は前期比23.1%増の2,871百万円となった。

放送関連費用は、BS放送の特長を生かして極めて安定的に推移している。2017年8月期は前期比5.5%減の630百万円となった。これは前期において放送関連施設の移設費用が発生したものが2017年8月期はなくなったためである。

広告関連費用は前期比30.4%増の1,413百万円となった。増加分のほぼすべてが広告宣伝費で、その額は同32.7%増の1,330百万円となった。番組視聴世帯数増加に向けた広告宣伝活動を強化したことによる。具体的には、全国紙・地方紙への広告出稿に加え、当期は首都圏主要駅周辺への看板掲出など様々な媒体を活用した広告宣伝活動を行った。

前述のように、2017年8月期においては、当初の計画どおりに費用の投下を積極化させたが、そうした状況下においても費用の効率的な使用に努めた。その結果、売上高は期初計画を若干下回ったものの、営業利益以下の各利益項目については期初予想を達成することができた。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below