Reuters logo
BS11 Research Memo(8):『4つの“力”』と『5本の矢』という従来の基本戦略を進展
2017年11月15日 / 06:21 / 10日後

BS11 Research Memo(8):『4つの“力”』と『5本の矢』という従来の基本戦略を進展


*15:18JST BS11 Research Memo(8):『4つの“力”』と『5本の矢』という従来の基本戦略を進展
■成長戦略

2. 成長に向けた基本戦略
2018年8月期から再び売上高15,000百万円を目指す新たな3ヶ年の取り組みがスタートしたが、その基本的な戦略は従来の3ヶ年中期経営計画『Forward 18 by Team BS11』から進展した「4つの“力”」と「5本の矢」だ。

「4つの“力”」とは企画力、キャスティング力、マーケティング力、及びプロデュース力の4要素を表している。これらは日本BS放送9414の経営理念にもある“質の高い情報を提供すること”を実現するうえで不可欠のものであり、本放送開始以来これまでの10年間で着実に築き上げてきたものだ。

「5本の矢」とは、番組作りと番組編成に関する5つの重点施策のことだ。いずれも同社の強みや得意分野に関することであり、成長戦略上、不可欠な項目が並んでいるが、特に重要なのは1番目の“自社制作番組の充実と拡大”であると弊社では考えている。自社制作番組はプライムタイム(19時~23時)といった最も激戦区となっている時間帯に主に放送される。同社は昼間帯や深夜帯においては特長ある番組ラインアップで競合他社と同等のポジションを確立したがプライムタイムではまだ改善の余地は大きく、同社がプレゼンスを確立して収益拡大を実現するためには自社制作番組の充実と拡大は避けて通れない重要な課題であるためだ。

「5本の矢」を子細に比較すると、従来は“自社制作番組の選択と集中”と表現されていたが、今回“自社制作番組の充実と拡大”へと変更された。選択と集中というプロセスを経ることで充実した番組を実現し、さらにそうした番組を数多くリリースしていこうという意欲が、今回の表現の変更につながったと弊社ではみている。また5本の矢の順番も多少入れ替わっている。これまでの実績や進捗を踏まえて変更したとみられるが、5本の矢すべてが重要であることには変わりがない。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below