Reuters logo
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン---2Q増収、各施策によりロイヤリティ収入が改善
November 15, 2017 / 11:17 PM / a month ago

アーキテクツ・スタジオ・ジャパン---2Q増収、各施策によりロイヤリティ収入が改善


*08:12JST アーキテクツ・スタジオ・ジャパン---2Q増収、各施策によりロイヤリティ収入が改善
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン6085は13日、2018年3月期第2四半期(2017年4~9月)決算を発表した。売上高が前年同期比1.0%増の6.33億円、営業損失が0.69億円(前年同期は1.00億円の損失)、経常損失が0.51億円(同0.99億円の損失)、四半期純損失が0.52億円(同1.28億円の損失)となった。

ホームページにおける顧客サービスサイトの機能を引き続き拡充し、有益な建築デザインコンテンツを配信しサイトの価値向上を図り、ウェブユーザーへの需要喚起と新規アカデミー会員の獲得を推進した。また、従来型サプライチェーン(加盟スタジオによる会員獲得から工事請負契約の受注に至るサプライチェーン)の成長鈍化傾向を補強すべく、建築家情報空間「ASJ CELL」における著名建築家作品展示会及びセミナー来場者や提携先等の紹介によって獲得した富裕層を中心としたアカデミー会員への直接的な働きかけにより顧客満足度を高め、登録建築家とパートナー建設会社の受注促進に寄与することで収益の向上を図ってきた。これらにより従来型サプライチェーンの主要業績評価項目の改善には課題が残ったものの、新規サプライチェーン(同社による会員獲得からパートナー建設会社へ工事請負契約の受注機会を促進するサプライチェーン)からのロイヤリティ収入が前年同期比で改善し、従来型サプライチェーンの収益減少を補った。

2018年3月通期の業績予想は、売上高が前期比0.1%増の13.79億円、営業利益が0.02億円、経常利益が0.02億円、当期純利益が0.00億円とする期初予想を据え置いている。


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below