Reuters logo
注目銘柄ダイジェスト(前場):アカツキ、コマツ、神戸鋼など(訂正)
November 16, 2017 / 2:37 AM / a month ago

注目銘柄ダイジェスト(前場):アカツキ、コマツ、神戸鋼など(訂正)


*11:53JST 注目銘柄ダイジェスト(前場):アカツキ、コマツ、神戸鋼など(訂正)
下記のとおり修正します。
(誤)注目銘柄ダイジェスト(前場):アエリア、コマツ、神戸鋼など
(正)注目銘柄ダイジェスト(前場):アカツキ、コマツ、神戸鋼など

住友大阪5232:522円(+25円)
大幅反発。大和証券では投資判断を「3」から「2」に格上げ、目標株価は460円から570円に引き上げている。懸念材料であった高機能品事業の収益性は下期にかけて徐々に改善が期待されるほか、競合他社がセメント価格の値上げ方針を発表したことで、同社も今後、値上げ期待が高まっていくと考えているもよう。来期営業利益は240億円で前期比17%増を予想、3期ぶりの増益に転じるとみているようだ。


コマツ6301:3627円(-37円)
続落。キャタピラーが米国市場で2.5%の株価下落となっており、国内建機大手の同社も連れ安する展開になっているようだ。キャタピラーは前日の中国経済指標などが嫌気される形で利食い売りに押される格好となった。昨日発表されている10月の中国小売売上高、鉱工業生産、固定資産投資は、全て市場の想定を下回っており、今後の中国経済の先行き懸念が強まる状況となっている。


神戸鋼5406:1029円(-29円)
続落。みずほ証券が投資判断を「買い」から「中立」に格下げ、目標株価を1600円から1040円に引き下げていることがマイナス材料視されている。不適合アルミ・銅製品の出荷停止、信用失墜による市場シェア低下、部品交換費用拡大などで、損益、財務に大きな影響が出ると判断しているもよう。存続リスクまでは至らないものの、信用の回復には2年程度かかると判断、来期は経常減益で復配は20.3期以降にずれ込むとみている。


アカツキ3932:7570円(+1000円)
ストップ高。昨日の後場、スマホ向けゲーム「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」の提供するガシャにおいて、「出現キャラ一覧」および「出現キャラ提供割合」の表示不具合があったと発表。株価は直後から急落する展開になっていたが、表示不具合発生期間に、実際の出現キャラおよび割合は全ユーザー同一に提供し、設定通りに出現していたことを確認済として、ユーザーごとに提供内容を操作しているとの疑念を否定。


カーリットHD4275:966円(+54円)
連日の急伸。特に目立った材料は観測されないが、「全固体電池」関連の一角として期待感が高まっているもよう。トヨタ自7203が東京モーターショーで、2020年代前半の全固体電池実用化を目指す方針を明らかにして以降、関心が高まる形に。同社はリチウムイオン電池の評価試験などを手掛けているが、同分野の研究開発にも注力しているとみられており、思惑が高まりやすくなっているようだ。


マクロミル3978:2819円(-168円)
大幅反落で一時下落率トップ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では業績予想を下方修正。18年6月期営業利益は、会社計画の84億円に対して78億円と予想、市場予想の86億円レベルを大きく下回っている。7-9月期はマーケティング・リサーチの売上高が想定を下回ったほか、先行費用なども発生、こうした状況を今期予想に反映しているもよう。なお、目標株価は3800円から3500円に引き下げも投資判断は買い推奨を継続。


ロードスター3482:2883円(+312円)
大幅続伸。1株につき2株の割合で株式分割を実施すると発表している。基準日は12月14日。投資単位当たりの投資金額を引き下げることにより株式の流動性向上を図るとともに、より投資しやすい環境を整えることで投資家層の拡大を図ることを目的としている。株価は朝方に一時3050円まで上昇する場面があった。


串カツ田中3547:14020円(+2180円)
大幅反発し上場来高値更新。これまで未定としていた17年11月期の期末配当予想を1株当たり35.00円に修正している。前期は記念配当30.00円を含め60.00円だったが、今年6月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を行っていることから今期は実質増配となる。同社は17年11月期の純利益を前期比16.0%増の3.00億円と予想している。


リネットジャパン3556:550円(+80円)
ストップ高。17年9月期決算を発表している。営業利益は前期比67.4%減の0.49億円となり、今月10日に発表した修正予想どおり着地した。一方、18年9月期の通期業績については営業利益で同3.3倍の1.61億円との見通しを示しており、ポジティブ視されているようだ。創業来のネットリユース事業に加え、新規事業のネットリサイクル事業が前期に黒字化し、今後はメダルプロジェクトの本格展開を通じて大きな飛躍を見込んでいる。


JESHD6544:1718円(+158円)
急反発。「JES Innovation Center(JIC)」設立記念株主優待を実施すると発表している。来年3月末時点で1単元(100株)以上保有する株主を対象とし、JICをモチーフとした同社オリジナルQUOカード(1000円分)を贈呈する。同社は今年10月、埼玉県和光市に約50mのエレベーターのテストタワーを備えた研究開発施設JICを設立した。


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below