Reuters logo
クルーズ<2138>---18年3月期第2四半期決算はSHOPLIST事業の利益伸長
November 23, 2017 / 11:12 PM / 24 days ago

クルーズ<2138>---18年3月期第2四半期決算はSHOPLIST事業の利益伸長


*08:09JST クルーズ2138---18年3月期第2四半期決算はSHOPLIST事業の利益伸長
クルーズ2138は若年女性向け衣料品ECサイト「ショップリスト」を運営、越境ECにも取組。ゲーム事業は子会社売却、今年5月に航空券のネット販売会社を買収など積極的なM&Aにより新事業の創出を目指す。

同社は2016年11月にエレメンタルストーリーを除く全てのゲームタイトルに関する事業を会社分割及び株式譲渡を実施。中核事業をゲーム分野からEC分野へ事業構造を転換。

2017年11月13日に、2018年3月期第2四半期決算を発表。事業構造転換の影響もあり、売上高は前期比25.3%減の118.33億円、営業利益は同70.8%減の4.31億円、経常利益は同70.3%減の4.40億円、親会社に帰属する四半期純利益は同78.9%減の2.20億円の着地。

現在主力のSHOPLIST事業は売上高は101億円(前年比9.4%増)と拡大継続。プロモーションを効率的に行うためのKPIシステムの不具合と配送条件の見直しが利用者心理を捉きれず、売上が伸び悩んだが既にKPIシステムは復調しており、10月より売上成長率は復調している。また、営業利益は前期比31.4%と好調に推移。新物流センターの建設を着工予定しており在庫保管数は現状の3倍に拡大、配送日数の短縮にも大きく貢献する見込み。

2018年3月期の連結業績予想は、現時点で合理的な業績予想の算定ができておらず非開示ではあるが、SHOPLIST事業の中期目標として年間ユニーク購入者数500万人、1人当たり年間購入金額20,000円、営業利益率8%を掲げ、ユーザーのリピート率向上施策を進めている。加えてリピート率改善の兆しを見定めながら積極的なプロモーション投資も予定しており更なる業績拡大に取組。


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below