Reuters logo
ラクス Research Memo(2):主力のクラウド事業は「楽楽精算」と「メールディーラー」が二枚看板
November 24, 2017 / 6:07 AM / 23 days ago

ラクス Research Memo(2):主力のクラウド事業は「楽楽精算」と「メールディーラー」が二枚看板


*15:01JST ラクス Research Memo(2):主力のクラウド事業は「楽楽精算」と「メールディーラー」が二枚看板
■会社概要

1. 会社の概要と沿革
ラクス3923は、代表取締役社長の中村崇則氏が2000年に創業したクラウドサービスを主力とするIT企業である。問い合わせメール共有・管理システム「メールディーラー」(2001年発売)の開発を皮切りにクラウド事業を開始し、メール配信システム「配配メール」(2007年)、Webデータベース「働くDB」(2008年)、経費精算システム「楽楽精算」(2009年)をリリースし、クラウドサービスの優良なポートフォリオを確立した。創業以来、増収を続けており、増益率の高さにも定評がある。2015年12月に東証マザーズ市場上場を果たし、成長を加速している。2017年5月には、分散していた東京の3拠点(本社、東京第2オフィス、東京開発センター)を1ヶ所に統合し、今後の成長に向けた体制を整えている。

2. 事業内容
同社の事業セグメントは、クラウド事業とIT人材事業の2つのセグメントから構成されている。クラウド事業は、売上高の73.1%(2018年3月期第2四半期)、セグメント利益の90.3%(同)と全社業績をけん引する。クラウド事業の中でも長年事業の柱となっているのが「メールディーラー」、主力サービスの「楽楽精算」であり、クラウド事業売上の約6割はこの2商品が占める。主力2商品のほかのクラウド商品としては、成長期に差し掛かった「配配メール」、「働くDB」、「Curumeru」、まだ導入期にある「楽楽明細」、「チャットディーラー」などがあり、いずれも順調に成長している。

IT人材事業は、創業時のITスクール事業のノウハウを活用した事業で、未経験者を正社員として採用し、ITエンジニアとして育て、Webサービスを展開する企業に絞って派遣する事業である。売上高の26.9%(2018年3月期第2四半期)、セグメント利益の9.7%(同)を構成する。クラウド事業ほどの成長性はないが、IT人材不足が深刻化するなか、顧客ニーズは底堅い。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below