Reuters logo
ヒマラヤ Research Memo(4):アウトドア用品の好調持続
2017年11月24日 / 07:53 / 19日前

ヒマラヤ Research Memo(4):アウトドア用品の好調持続


*16:45JST ヒマラヤ Research Memo(4):アウトドア用品の好調持続
■ヒマラヤ7514の業績動向

2. 商品別売上動向
2017年8月期の商品別売上動向について見ると、主力の一般スポーツ用品は前期比0.6%減の49,626百万円と2期連続で減収となった。減収要因の大半はサッカー関連用品によるもので、そのほか野球用品やテニス用品なども若干減となった。一方、ランニング関連に関しては健康志向の高まりを追い風に堅調に推移している。ただ、シューズ用品については販売価格上昇の影響もあって伸びが若干鈍化した。

ゴルフ用品は前期比2.2%減の11,209百万円となった。ゴルフクラブが人気ブランドの新製品発売の裏年であったことや価格競争の継続により減収となったが、ゴルフウェアや雑貨の品ぞろえを拡充したことでゴルフクラブ以外は増収となった。スキー・スノーボード用品については前期比10.9%増の4,129百万円と2期ぶりの増収に転じた。2年連続の暖冬により1月上旬までは低調に推移したが、1月中旬以降の降雪と気温低下により環境が改善したことが増収につながった。アウトドア用品は前期比14.6%増の7,941百万円と好調を持続した。夏の販売ピーク期に不安定な天候が続き、海水浴用グッズ等のレジャー用品の販売が大きく落ち込んだものの、期を通してキャンプ用品が好調に推移したほか、アウトドアウェアもタウンユースを中心に堅調に推移したことが増収要因となった。

なお、EC事業については前期比で2ケタ成長と好調を持続し、売上構成比で10%を超える水準まで成長している。自社サイトでも販売を行っているが、売上の大半は楽天市場やamazon、Yahoo!ショッピング等の大手マーケットプレイス経由となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below