Reuters logo
ヒマラヤ Research Memo(5):不採算店舗の閉店実施により収益体質を筋肉質なものに変える
November 24, 2017 / 8:02 AM / 21 days ago

ヒマラヤ Research Memo(5):不採算店舗の閉店実施により収益体質を筋肉質なものに変える


*16:55JST ヒマラヤ Research Memo(5):不採算店舗の閉店実施により収益体質を筋肉質なものに変える
■業績動向

3. 出店状況
2017年8月期における新規出店数は、ヒマラヤで7店舗となった。このうち、新たな取り組みとして新業態となる「スポーツ×ファッション」をコンセプトとしたセレクトショップ「STYLE & PLAY GREAT YARD 表参道」(東京都)と、アウトドア系ライフスタイルのセレクトショップ「KURA HOLIC ZERO 靱屋町(クラ ホリック ゼロ うつぼやちょう)」(岐阜県)の2店舗を出店した。いずれも消費者ニーズの多様化に対応するために開発した店舗となる。いずれもSNSを活用した販促施策に取り組むなど、試行錯誤しながら収益化を目指している段階で、業績に与える影響は軽微となっている。

一方、閉店店舗はヒマラヤで20店舗、B&Dで3店舗となり、8月末の総店舗数は前期末比で16店舗減の139店舗となり、総売場面積も同11.3%減の246,452平方メートルとなった。ヒマラヤ7514の閉店店舗数はここ数年、年間4~6店舗ペースであったが、EC市場の拡大や大手量販店間の競争激化、異業種企業の参入といった市場環境の変化に対応し、収益体質を筋肉質なものに変えていくため、今回思い切った閉店に踏み切った。不採算店舗の閉店だけにとどまらず、先行きの収益環境などを店舗ごとに精査し、戦略的かつ集中的に閉店を断行した。四半期別で見ると、第1四半期に4店舗、第2四半期に13店舗、第3四半期に4店舗、第4四半期に2店舗の閉店を実施している。

なお、今後の出店方針としては特に目標は定めず、条件に適う物件があれば出店していくことになる。従来は年間10店舗前後を目標に出店を行ってきた。2018年8月期については2017年9月に新業態の「STYLE & PLAY GREAT YARD 福岡パルコ」、「KURA HOLIC YOKOHAMA」(ららぽーと横浜店)の2店舗を出店している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below