Reuters logo
イントランス Research Memo(7):「安定収益の拡大を目的とした収益物件の取得」を目指す
November 27, 2017 / 6:13 AM / 20 days ago

イントランス Research Memo(7):「安定収益の拡大を目的とした収益物件の取得」を目指す


*15:07JST イントランス Research Memo(7):「安定収益の拡大を目的とした収益物件の取得」を目指す
■今後の見通し

イントランス3237の2018年3月期通期の連結業績は、売上高で前期比8.9%減の2,500百万円、営業利益で同17.5%減の470百万円、経常利益で同23.9減の350百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同19.2%減の230百万円と減収減益の見通しだ。

下期の方針としては、以下の3点である。

(1) 販売用不動産のクロージングに向けた活動
当初からの売却予定が伸びている富士河口湖(山梨県)や伊豆熱川(静岡県)の保養所などが対象となる。11月8日時点で1物件売買契約締結済みであり、進行中である。

(2) 安定収益の拡大を目的とした収益物件の取得に注力
不動産マーケットが過熱気味のなか、厳しい基準で購入の判断を行っているため、2018年3月期は想定どおりの仕入れはできていない。今後も厳しい基準を堅持しつつ、大阪や京都、福岡など首都圏以外の大都市にも範囲を広げ、住居やオフィス以外の商業不動産(ホテル、商業施設、物流施設など)を投資対象とする考えだ(M&Aを含む)。目標とする年間賃料は500百万円であり、同社の販管費を安定収益で賄うことを目指す。

(3) 和歌山マリーナシティ内遊休地の収益化プランの早期具現化
カジノを含む統合型リゾート(IR)の候補地になっているため、リノベーションなどハード面での大きな投資はしにくい状況にあるものの、遊休地でのイベント企画などソフト面で盛り上げる予定だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below