Reuters logo
メディシノバ Research Memo(6):イブジラスト、タイペルカストのいずれか1つは単独で上市を目指していく方針
November 28, 2017 / 6:10 AM / in 17 days

メディシノバ Research Memo(6):イブジラスト、タイペルカストのいずれか1つは単独で上市を目指していく方針


*15:05JST メディシノバ Research Memo(6):イブジラスト、タイペルカストのいずれか1つは単独で上市を目指していく方針
■業績見通しと財務状況について

1. 2017年12月期第3四半期累計実績及び通期業績見通し
10月24日付で発表された2017年12月期第3四半期累計(2017年1月-9月)の連結業績は、営業損失で9,620千ドル(前年同期は9,441千ドルの損失)とほぼ会社計画どおりの進捗となった。費用の内訳を見ると、研究開発及びパテント費は治験費用の増加を主因として前年同期比138千ドル増加の3,066千ドルとなった。また、一般管理費は同40千ドル増加の6,553千ドルとなった。

2017年12月期の連結業績見通しは、営業損失で12,654千ドルと前期比で1,773ドルの損失拡大を見込んでいる。第4四半期についても事業環境に大きな変化はないことから、通期業績についても会社計画の範囲内で推移するものと予想される。メディシノバ4875では将来的にグローバル製薬企業を目指していることから、少なくともイブジラスト、タイペルカストのうちいずれかは単独でP3治験を行い、上市を目指していくことになる。このため、当面は研究開発費が先行し、期間収益は損失が続く可能性が高い。ただ、ライセンス契約を締結することになれば、潜在的な市場規模がいずれも大きい品目であるだけに、相応の契約一時金を獲得できる可能性はある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below