Reuters logo
ヨシムラフード Research Memo(5):2008年ビジネスモデルの原型創出と2012年事業統括担当設置が転機
November 28, 2017 / 6:10 AM / in 20 days

ヨシムラフード Research Memo(5):2008年ビジネスモデルの原型創出と2012年事業統括担当設置が転機


*15:05JST ヨシムラフード Research Memo(5):2008年ビジネスモデルの原型創出と2012年事業統括担当設置が転機
■業績動向

1. ターニングポイント
ヨシムラ・フード・ホールディングス2884のターニングポイントは、2008年の設立時と2013年の(株)オーブン買収前である。設立時は12月に子会社化した楽陽食品とヨシムラ・フード、それに同社の3社でビジネスの在り方を模索するところからスタートした。このときに、食品業界の中小企業へフォーカスすることになるとともに、M&Aと子会社間のシナジーの両輪で成長するという、現在のビジネスモデルの原型が出来上がった。

その後、2010年2月白石興産(株)、7月(株)ジョイ・ダイニング・プロダクツ、12月(株)桜顔酒造のM&Aにこぎつくが、依然として試行錯誤を継続する状況だった。しかし、2013年1月のオーブン子会社化を前に、同社内に事業を統括的に見る横串の仕組みを構築し事業統括担当を設置、M&AのデューデリジェンスもM&A後の事業支援も同一人物がするという現在の形がほぼ出来上がった。これにより組織的対応が可能となり、M&Aも子会社の成長も加速することになる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below