Reuters logo
ヨシムラフード Research Memo(7):2018年2月期通期業績予想はやや保守的
November 28, 2017 / 6:10 AM / 19 days ago

ヨシムラフード Research Memo(7):2018年2月期通期業績予想はやや保守的


*15:07JST ヨシムラフード Research Memo(7):2018年2月期通期業績予想はやや保守的
■業績動向

3. 2018年2月期の業績見通し
ヨシムラ・フード・ホールディングス2884の2018年2月期の通期業績予想は、売上高が前期比21.2%増の19,687百万円、営業利益が同31.5%増の648百万円、経常利益が同32.7%増の702百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同46.0%増の516百万円と見込んでいる。なお、2017年10月に北海道留萌市のヤマニ野口水産を子会社化している。

製造事業については、積極的な設備投資による生産性向上とコスト削減の推進、グループの全国流通網を使った各子会社製品の空白エリアへの積極投入に加え、新製品の開発やラインナップ拡大を加速する方針である。販売事業では、引き続き販売品目の増強、企画・提案力の向上を図る計画である。ヨシムラ・フード、オーブン、楽陽食品など主力子会社が引き続き業績をけん引する見込みとなっている。なお、同社は2018年2月期通期の業績を上方修正したが、第2四半期の超過分を期初の通期業績予想に上乗せしたのみである。楽陽食品など既存の主力子会社の好調や純和食品でゼリーが新規取引先に採用されたことなどを考慮すると、同社の新たな業績予想はやや保守的な感が否めない。また、M&Aを計画に織り込むことは非常に難しいのは分かるが、織り込まれていない点でも保守的だと感じさせる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below