Reuters logo
ヨシムラフード Research Memo(9):リスクも仕組みで解消可能
November 28, 2017 / 6:10 AM / 19 days ago

ヨシムラフード Research Memo(9):リスクも仕組みで解消可能


*15:09JST ヨシムラフード Research Memo(9):リスクも仕組みで解消可能
■成長戦略

2. リスクと課題
ヨシムラ・フード・ホールディングス2884に特徴的なリスクは、食品の安全性、 競合、季節変動、M&Aに関するものである。食品の安全性については、基本的事項と位置付け、「中小企業支援プラットフォーム」の仕組みの中で品質管理の事業統括担当を置き、グループのベストプラクティスを横展開し、子会社各社の品質管理能力を高めている。競合について、同社ビジネスモデルに対する競合はほとんどないと言えるが、子会社各社は大手~中小食品企業と常に競合している。大手食品企業のスケールメリット、中小食品企業の独自性に対し、同社は独自性と子会社各社の相互補完によって対抗している。季節変動については、同社グループでは冬季(10月から12月)に販売のピークを迎える製商品が多く、売上高で3割前後、営業利益で5割前後と冬季の構成比が高い。このため、ほかの季節にピークが来る新商品の開発なども進めている。

M&Aのリスクとして、デューデリジェンス時に把握できなかったり、顕在化していなかったりするリスクがある。M&A先が中小食品企業のため、同社のそうしたリスクは高いように思われがちだが、事業統括担当自身がM&A前後のデューデリジェンスと事業支援に直接関わることで、リスクは大きく減じると考えられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below