Reuters logo
ノムラシステム Research Memo(3):後継製品にリプレイスする2025年までを飛躍の期間に
November 29, 2017 / 8:16 AM / 16 days ago

ノムラシステム Research Memo(3):後継製品にリプレイスする2025年までを飛躍の期間に


*17:14JST ノムラシステム Research Memo(3):後継製品にリプレイスする2025年までを飛躍の期間に
■当面の事業展開

前述したとおり、ノムラシステムコーポレーション3940はSAPとサービスパートナー契約を結んだことが、飛躍のきっかけとなった。SAPは、全世界130ヶ国以上に支社を持つ、ヨーロッパ最大級のソフトウェア会社。大企業や中堅企業、公的機関など比較的大きな法人向けERP市場において、25業種30万社以上の顧客を擁している。以前は、ユーザーから使いにくいというイメージが持たれていたものの、改善が進んで今では利便性が高いと評価されており、その点からのリプレイス需要が生じている。同時にこれは同社にビジネスチャンスをもたらすことになる。

現在の主力である「SAP ERP 6.0」は、2025年にメンテナンス終了予定となっており、今後は後継製品「S/4 HANA」へのリプレイス需要増にいかに対応するかが、事業を展開する上でのポイントになりそうだ。このリプレイス需要増は、同社が目指すプライム案件取り込みのチャンスになる。先行き膨らむと想定されるSAP ERP需要を高収益のプライムで獲得し、会社側としては中長期的な経営目標として、現状で13%前後の経常利益率を15%以上に引き上げる考えだ。

「SPA HANA」への完全切替えとなる2025年までを、同社が大きく成長する8年として位置付けている。その時点では、「SPA HANA」を土台に、SAP ERPとビッグデータ分析、AI、IoT、クラウドの組み合わせによる競合優位を確立する。そのためには、レベルの高い人材育成、採用が課題となりそうだ。同社は年間10%以上が当たり前と言われる離職率が3~5%にとどまる。そうしたなかで、新卒を育てて戦力化させ、着実にビジネスをこなしていく予定だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水野 文也)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below