Reuters logo
ベル24---凸版印刷と資本業務提携、BPO事業のさらなる強化を図る
2017年12月1日 / 02:19 / 12日前

ベル24---凸版印刷と資本業務提携、BPO事業のさらなる強化を図る


*11:11JST ベル24---凸版印刷と資本業務提携、BPO事業のさらなる強化を図る
ベルシステム24ホールディングス6183は30日、凸版印刷7911との資本業務提携を発表した。凸版印刷は、同社株式をベインキャピタルから1,057万株(発行済株式総数の14.43%、約147億円)取得。

同社は、本年策定・発表を行った中期経営計画の柱の一つとして、「新領域での事業拡大」を掲げており、新技術を活用した高度なBPO事業の強化を進めている。

凸版印刷は企業や自治体の事務業務や発送、コンタクトセンターなど、幅広い業務を代行する BPO 事業を重点事業と位置付け取り組んできた。最近では、ベトナムの大手IT企業と海外BPO事業での協業を行うなど、事業範囲も多角化している。

両社は、本資本業務提携により、2017年12月より「推進室」を立上げる。それぞれの顧客基盤やこれまでに培った技術力や事業ノウハウ等を融合させることで、今後より一層の拡大が見込まれるBPO市場において、既存事業の拡大、AIやRPAといった新技術を用いた新たなサービスの研究・開発等を通じ、さらなる企業価値向上を図る考え。

同社は本提携により、2022年に200億円の売上高を目指している。さらに将来的には、筆頭株主である伊藤忠商事の情報・通信分野における強固な事業ネットワークと両社の強みを掛け合わせた新たなサービス・ソリューションの提供も検討していくとのこと。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below