Reuters logo
ロックオン Research Memo(7):マーケティングロボットの開発加速、2018年9月期末までに30社と連携予定
December 1, 2017 / 6:34 AM / in 17 days

ロックオン Research Memo(7):マーケティングロボットの開発加速、2018年9月期末までに30社と連携予定


*15:27JST ロックオン Research Memo(7):マーケティングロボットの開発加速、2018年9月期末までに30社と連携予定
■中長期の成長戦略

1. 中期計画達成に向けた人員増強
ロックオン3690の成長目標は中期経営方針で公表されており、2020年9月期に売上高で3,000百万円を目指すとしている。これは現在の全社売上高1,719百万円(2017年9月期)を、毎年20.4%成長させるペースである。仮に商流PF事業の売上高464百万円(同)を現状維持とすると、マーケティングPF事業1,254百万円(同)を年率26.4%成長させることを意味する。

目標達成のための戦略は以下の2点である。
(1) マーケティングロボット重点開発テーマの具現化
(2) マーケティング&セールス組織の拡充と高度化

両分野に共通するのは、人材の量と質の充実である。(1)においては、ノンコア(商流PF事業のソリューション業務)の人材を既にシフトした。今後も開発人材を増やし、AI、BI、APIなどの注力分野の具現化を急ぎたい考えだ。(2)に関しては、マーケティング&セールス人員を12人(2015年9月期)から2年間で倍増以上の25人(2017年9月期)まで増やしてきた。一方で、海外のSaaS企業に比較するとまだ同社は低い水準である。今後も巡行速度で人員増強を継続する計画である。

2. マーケティングロボット具現化の進捗
マーケティングロボットの開発は最重要テーマである。開発の領域は、大きくはセンサ・可視化領域(下段)と制御・駆動領域(上段)に分かれる。

(1) センサ・可視化領域(一層)
センサ・可視化領域(下段)は同社の得意としている分野である。同社は広告効果測定のNo.1カンパニーとしての一気通貫サービスを提供しており、匿名ユーザーの膨大なデータが蓄積されている。ユーザーの動線が検索サイト経由中心からSNSやキュレーションサイトなどに多様化するなかで、同社は多様なメディアと連携しつつ「データ」を充実させる戦略である。この領域では、追加機能は自社開発が基本となる。2017年9月期の主な開発は、楽天リサーチ(株)などの3rd Partyのデータ取込み(2016年12月)、GoogleやYahoo!などとのリスティング連携(2017年7月)などであり、これからもスマートTV連携(2018年9月期上期予定)などが続々とリリースを控える。

(2)制御・駆動領域(二層、三層)
制御領域では、センサで蓄積した膨大なデータがAIを活用して分析され、消費者のプロファイル(属性、行動履歴など)を立体的に把握することを可能とする。駆動領域は、顧客のニーズや環境によって様々なマーケティング施策が実行される。いずれの領域も外部との連携が基本方針であり、2017年9月期下期から2018年9月期上期に大幅に強化されている。

外部連携の一例は、以下のとおりである。

a) 事例1
2017年9月、SNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」(アライドアーキテクツ6081)との連携を開始し、ユーザー行動と定性データを掛け合わせた施策評価が可能になった。
b) 事例2
2017年9月、デマンド サイド プラットフォーム(DSP)である「Logicad」と連携を開始し、行動からユーザーを絞り込み、広告配信することが可能になった。
c) 事例3
2017年10月、データフィード最適化ツール「Gyro-n DFM」と連携を開始し、高い精度でデータフィード広告の計測を実現した。

同社では、マーケティングロボット具現化に向け、蓄積したビッグデータの利用促進を図るため、2018年9月期末までに、累計30社と新規連携を行う予定である。これにより、効果測定が強みの「アドエビス」は、One to One マーケティングを自動的・効率的に実行する手段に進化することになる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below