Reuters logo
東都水産 Research Memo(13):中期的には、利益成長をベースにした増配に期待
December 1, 2017 / 6:49 AM / 14 days ago

東都水産 Research Memo(13):中期的には、利益成長をベースにした増配に期待


*15:43JST 東都水産 Research Memo(13):中期的には、利益成長をベースにした増配に期待
■株主還元策

東都水産8038は、創業以来一貫して株主への利益還元を最重要な課題の1つと認識し事業の経営に当たっており、業績に対応した配当を行うことを基本としている。一方で、経営基盤の強化と今後の事業展開に備えるための内部留保の充実なども勘案しており、出来得る限りの安定配当に努めている。内部留保資金は、今後予想される市場環境の変化に対応すべく経営基盤の一層の強化と事業展開に備えるために役立てる考えである。

とはいえ、東日本大震災以降2016年3月期まで毎期増配を続けてきた。豊洲市場移転問題が浮上したことで増配は実質止まったが、株主フレンドリーな企業ということができる。豊洲市場移転後は収益構造がどうなるかまだ不透明であり、当面大きな投資を考えていないもようとはいえ、新たなトライの中でM&Aの可能性は否定できない。このため豊洲移転直後に即増配となるかは分からないが、少なくとも中期的には、利益成長をベースにした増配に期待したい。


■情報セキュリティ
ほとんど個人情報を扱っていないが、統合脅威管理システムを導入し不正アクセスなどをブロックする一方、従業員情報については別サーバーの人事ソフトで管理している。内部情報についてはクライアント側のウイルスソフトで対応している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below