Reuters logo
【実況!決算説明会】マイネット<3928>---3Q決算(2017年7-9月期)(3/9)
2017年12月6日 / 06:38 / 7日前

【実況!決算説明会】マイネット<3928>---3Q決算(2017年7-9月期)(3/9)


*15:34JST 【実況!決算説明会】マイネット3928---3Q決算(2017年7-9月期)(3/9)
このコンテンツは、マイネット3928の2017年12月期第3四半期(2017年7-9月期)の決算説明会の音声を文字に起こしたものです。なお、実際の説明会で使用された資料は、同社のウェブサイトをご覧下さい。9本に分けたコンテンツの3本目です。



もう一つ、当社の事業構造を新たな図でお示しさせていただいております。このミルフィーユというのをゲーム産業のIRで使うと、ポジティブにもネガティブにもとらえる方がいらっしゃるようなんですけれども、先ほど申し上げたミルフィーユの一層一層がこういうものであるというのをご存知いただいた上で、しっかりと本質的なミルフィーユ、多層構造になっていることをご存知いただきたいと思って今回のこの図をご提示させていただきました。





各半期ごとの獲得タイトルのその後の売上げ推移を示しております。このところ、15年下期以降のミルフィーユがあまり低減することなく重なり続けている姿というのをご覧いただくことができるかと思います。こちらは本当に当社の長期安定運営のノウハウを体現して示すことができている3層ではないかなというふうに考えております。時々ご心配いただくちょうど1年ほど前に買い取りをしたクルーズさんからのゲーム事業ですけれども、こちらもご覧の通り、本当に変わらないように見えます。さすがに一定の低減はしているのですが、しっかりと売上げ状態を保って、コストも縮減し、利益体質を各々の領域で作っているという状態にございます。ちなみにこの時期だけちょっと落ちているのですが、これは15年の時期に買い取った「ドラゴンジェネシス」の減損が現れたものになっております。それ以外の層はかなり平行に近い状態を保てているということを、ご覧いただけるかと思います。



さて、営業利益についてです。今回は1.1億円の営業利益、前年同期比で見ますと、5割増しという数字となっております。第2四半期にご心配おかけしたところを元に戻してプラスを作るということができた期間となっております。こちらも、ご説明のためのシートをご用意させていただきました。まず先に、第1四半期から第2四半期にかけての推移がどのようなものであったかというのを可視化させていただいております。第1四半期の営業利益は2.4億と大変良い状態でした。ただそれがですね、第2四半期の終わりにはマイナス36(百万円)になっていたわけですね。これがどのようにして起きたかは大きくは2つの要素がございます。
一つは、既存分の売り上げ減が起きてしまったもの。既存分と言っても先ほど申し上げたある3タイトルについて、ちょうど4月を跨ぐタイミングにシーズンチェンジを行うタイプのタイトルで少し大きめの施策ロスをしてしまったり、改修において期待通りの姿に初動ならなかったようなものを第3四半期で直し、売上高を戻しております。まず一つは既存分の売上高、既存売上分ですね、こちらが減少したものが大幅にあったということ。

あともう一つが、第2四半期に仕入れた分に関して、作れた売り上げよりも増えた費用の方が大きかったものがあったというものでございます。これは実際のところ、タイトル・仕入れごとにタイプは異なります。このように、初動において売上の方が小さくて、費用が大きいタイプのものは過去にもございます。逆に初動から売上げの方が大きい、すなわち初月から利益が出るタイプのものもございます。すごくざっくりと申しますと半々ぐらいだと考えていただいて結構です。今回の件については、費用の方が大きいタイプの仕入れであったというところです。もちろん翌四半期にはこれを縮減していくということをやっております。



(4/9)に続く
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below