Reuters logo
RS Technologies、中国において合弁会社を設立。中国プライムウェーハのリーディングカンパニー目指す
December 7, 2017 / 11:31 PM / 10 days ago

RS Technologies、中国において合弁会社を設立。中国プライムウェーハのリーディングカンパニー目指す


*08:27JST RS Technologies、中国において合弁会社を設立。中国プライムウェーハのリーディングカンパニー目指す
RS Technologies3445は1日、北京有色金属研究総院(GRINM)、福建倉元投資有限責任公司(福建倉元)と3社間の合弁会社(BGRS)設立に合意したと発表。

出資比率は同社45%、北京有色金属研究総院(GRINM)49%、福建倉元投資有限責任公司(福建倉元)6%。今回設立した合弁会社(BGRS)を通じて、北京有色金属研究総院(GRINM)の子会社でプライムウェーハ事業を営む有研半導体材料有限公司(GRITEK)を連結子会社化する。

合弁会社(BGRS)の2018年度12月期の業績は売上高約90億円、営業利益約12億円と予想しており、連結子会社化することで、RS Technologiesの連結決算に反映される見通し。

北京有色金属研究総院(GRINM)は中国国内に98社しかいない国有企業の中の1社で、中国政府との連携が深く、設備投資時やウェーハ販売時に多大な恩恵がある模様。

同社は中・長期的な経営方針において中国半導体マーケットへの参入を掲げており、半導体市場におけるプライムウェーハ製造の市場規模は8,000億円から1兆円と目算している。今後、北京有色金属研究総院(GRINM)と連携し、中国国内でプライムウェーハ、再生ウェーハ及び半導体生産設備の買取販売事業の更なる取引拡大を図り、業績拡大を目指していく方針。


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below