Reuters logo
アライドアーキテクツ---「Letro」が新たに動画変換・動画収集機能を搭載
December 8, 2017 / 2:41 AM / 7 days ago

アライドアーキテクツ---「Letro」が新たに動画変換・動画収集機能を搭載


*11:35JST アライドアーキテクツ---「Letro」が新たに動画変換・動画収集機能を搭載
アライドアーキテクツ6081は5日、UGC(=User Generated Contents、ユーザー生成コンテンツ)を活用したSNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」において、UGC静止画を動画に変換する機能や、UGC動画収集機能を新たに搭載したと発表。

動画広告は、静止画広告よりも目に留まりやすく、かつ多くのメッセージを伝えることができ、広告効果が高いとされている。一方で制作におけるコストがかさみ、クリエイティブの内容次第で効果が左右されるため、クリエイティブの質が重要になっている。

「Letro」ではこれまで、ユーザーのフィードに馴染むUGC静止画を収集し広告に活用することで高い広告効果が見込めることをコンセプトにサービスを提供してきており、動画広告でもUGCを活用することで広告効果が見込めると判断し、新機能搭載に至った。

今回の新機能搭載により、動画広告のクリエイティブ制作コストや素材収集コストを抑えることができ、加えて生活者視点で撮影された素材の活用により、ユーザーのフィードで違和感なく目に留まりやすくなるという。同社によると、先行で新機能を利用した企業では、UGC静止画バナー活用時より、成約率の向上、顧客獲得単価が下がったなどの効果が出ているようだ。

同社では、「Creative Tech」構想を提唱しており、クリエイティブをテクノロジーで科学することで、ユーザーと企業双方にとって、より良い広告クリエイティブがより少ない工数で配信され最適化されることを目指している。今後も、「Creative Tech」構想のもと、クリエイティブをテクノロジーで科学することで、UGCを活用した企業の効果的なSNSマーケティング施策を積極的に支援していく考え。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below