Reuters logo
三栄コポ Research Memo(1):2018年3月期第2四半期は国内OEM事業の受注が伸びず減収、経常減益。
2017年12月8日 / 06:37 / 5日前

三栄コポ Research Memo(1):2018年3月期第2四半期は国内OEM事業の受注が伸びず減収、経常減益。


*15:31JST 三栄コポ Research Memo(1):2018年3月期第2四半期は国内OEM事業の受注が伸びず減収、経常減益。
■要約

三栄コーポレーション8119は、70年以上の歴史を持ち高付加価値品を主に取り扱う商社である。生活関連用品全般を扱い、製造・輸出入・卸・小売りまでのサプライチェーンを幅広く手がけ、海外には20ヶ所の拠点、国内直営小売店82店舗を持つ。欧州の差別化されたブランドの日本導入や、良品計画7453に代表されるこだわりある商品のOEM調達など、付加価値の高い商品を取り扱う点で個性が明確である。家具・家庭用品事業(売上高の52.5%)、服飾雑貨事業(売上高の29.2%)、家電事業(売上高の12.5%)の3事業が柱である。

1. 事業内容
近年の同社の成長は、家具・家庭用品事業がけん引し、特に良品計画に代表される大手顧客向けのOEM事業の比率が高い。2013年3月期に17,007百万円だった売上高は2017年3月期に27,431百万円まで成長を遂げた。成長著しいブランドとして、自社のeコマースブランド「MINT」があり、自社の販売サイト、楽天やYahoo!で販売。2017年3月期売上高450百万円(前期の約3倍)と好調である。2017年10月より家庭用品の新規ブランド「Villeroy & Boch(ビレロイ&ボッホ)」の取扱いを開始した。

服飾雑貨事業ではブランド事業の存在感が高く、本来収益性の高いセグメントである。同社最大のブランドであるビルケンシュトックは、ドイツで240年以上の伝統がある機能美に優れたコンフォートサンダル・シューズブランドであり、1万円前後の価格帯にもかかわらず熱いファン層に支持されている。直営の62店舗とeコマースで販売され、長く使う顧客が多い商品だけに自社運営のアフターサービスも充実している。2017年9月にはペリエ千葉店と三井アウトレットパーク長島店をオープン。一時期のブームは落ち着いたものの、業績は堅調に推移する。

2. 業績動向
2018年3月期第2四半期の連結業績は、売上高が前年同期比10.2%減の21,771百万円、営業利益が同31.8%減の780百万円、経常利益が同8.5%減の854百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同22.0%増の487百万円となり、前年同期比で減収、経常利益ベースでも減益となった。売上高に関しては、家具・家庭用品事業の減収幅が大きく、特に国内OEMの伸び悩みが影響した。国内関係会社の減収効果や新ブランド立ち上げ、新店出店に伴い販管費が増加し経常減益となった。


2018年3月期通期の連結業績は、売上高が前期比7.6%減の46,000百万円、営業利益が同35.3 %減の1,750百万円、経常利益が同26.1 %減の1,800百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同23.0 %減の1,100百万円と期初の計画から下方修正された。国内OEM事業は下期に回復に向かう予想だが、上期の伸び悩みが響く。期初から海外子会社の減収(前期スポット取引はげ落ち)による影響を見込んでおり、経常減益を予想する。なお、経常利益予想の1,800百万円は、過去20年で4位であり長いトレンドの中では高水準である。

3. 成長戦略
同社は、ドイツで有数の家庭用品ブランド「Villeroy & Boch(ビレロイ&ボッホ)」のテーブルウェア販売事業を、同ブランドの販売会社であるビレロイ&ボッホ テーブルウェア ジャパン(株)から譲り受け、10月より事業を開始した。ビレロイ&ボッホは、1748年に創業された陶磁器の老舗ブランドで、ルクセンブルク大公国の王室御用達ブランドとして知られる。これまで蓄積してきた知見を最大限に活用しながら、家庭用品事業のコアブランドとしてじっくり育てる方針だ。日本においては1997年に進出しており、百貨店やホテル、レストランに販路を持つ。

■Key Points
・“世界から世界に良いものを”をコンセプトに高付加価値商品に特化する多機能商社
・2018年3月期第2四半期は国内OEM事業の受注が伸びず減収、経常減益
・ドイツで有数の家庭用品ブランド「Villeroy & Boch(ビレロイ&ボッホ)」のテーブルウェア販売事業譲受

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below