Reuters logo
サイバーコム Research Memo(9):新技術・新分野で高付加価値ビジネス展開し、2020年まで増収増益を継続
December 8, 2017 / 6:42 AM / 10 days ago

サイバーコム Research Memo(9):新技術・新分野で高付加価値ビジネス展開し、2020年まで増収増益を継続


*15:39JST サイバーコム Research Memo(9):新技術・新分野で高付加価値ビジネス展開し、2020年まで増収増益を継続
■中長期の成長戦略

● 中期経営方針
サイバーコム3852は2017年から2020年までの中期経営方針『サイバーコムビジョン2020』を掲げている。それによると、2020年までの4年間を増収増益で継続する、としている。具体的には以下の4項目を掲げている。同社の企業文化を体現した堅実な方針と言えるだろう。

(1) お客様満足度、社員満足度の向上
同社の行動指針として「サイバーコム7ヶ条」というものがあり、「相手目線になって」ということを謳っており、顧客目線・従業員目線でともに満足を得ることを旨としている。

(2) 4エンジンのパワーアップ
(ソフトウェアエンジン、サービスエンジン、営業エンジン、管理エンジン)
同社のすべての従業員が、ソフトウェア開発部門、サービス提供部門、営業部門、管理部門のいずれかに所属しており、4部門の各々が任された役割をバージョンアップし、会社の総力を向上させていこうというものである。

(3) 安定した利益体質の確立
ソフトウェア開発事業を主力としつつ、今後はサービス事業においても、自社プロダクトを中心として利益源泉に育てて、安定した利益体質を確立していこうというものである。

(4) 高付加価値ビジネスの創出
新技術や新分野への進出において、求められるニーズのみでなく、さらにプラスアルファした提案を行うことにより、高付加価値の事業を創出していこうというものである。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 山田 秀樹)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below