December 15, 2017 / 6:11 AM / 6 months ago

極洋 Research Memo(5):2018年3月期第2四半期は全セグメントが増益、全体で91.8%増の営業増益


*15:04JST 極洋 Research Memo(5):2018年3月期第2四半期は全セグメントが増益、全体で91.8%増の営業増益
■業績動向

1. 2018年3月期第2四半期の業績概要
(1) 損益状況
極洋1301の2018年3月期第2四半期は売上高で120,458百万円(前年同期比9.9%増)、営業利益で2,246百万円(同91.8%増)、経常利益で2,396百万円(同138.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益で1,633百万円(同37.6%増)と大幅増益を達成した。すべての部門が増益となったが、水産商事、冷凍食品、鰹・鮪が金額的に大きく増益に寄与した。

(2) セグメント別状況
a) 水産商事事業
水産商事事業の業績は、セグメント別売上高で61,325百万円(前年同期比14.9%増)、営業利益で1,546百万円(同30.7%増)と増収・増益となった。鮭鱒、カニ、エビ、北洋魚など主要魚種の価格が比較的高値で推移し、さらに販売も順調に推移した。加えて定塩サケ製品などの付加価値製品も好調に推移し、米国向けを中心に海外での水産物販売を推進したことも増収・増益に寄与した。

b) 冷凍食品事業
冷凍食品事業の業績は、セグメント別売上高で34,334百万円(同6.1%増)、営業利益で554百万円(同235.2%増)と大幅増益を確保した。

主力である大手寿司チェーン向けの寿司種商品は順調に拡大している。さらに塩釜や愛媛の自社工場での生産品が順調に伸びていることが利益率改善につながっている。ちなみに、塩釜工場製品の売上(出荷高)は、今期は7,000トン(前期実績3,600トン)が見込まれている。

c) 常温食品事業
常温食品事業の業績は、セグメント別売上高で9,455百万円(同2.6%増)、営業利益で220百万円(同13.0%増)と増収・増益を確保した。高値の魚価による厳しい環境が続くなかで、サバやサンマなどの水産缶詰の拡販に注力した。原料価格高騰が続くイカ加工品については、価格改訂や規格変更を行うことで利益を確保した。

d) 物流サービス事業
物流サービス事業の業績は、セグメント別売上高で510百万円(同54.1%減)、営業利益で117百万円(同594.5%増)と大幅な減収ながら増益となった。

前年の上半期中に冷蔵運搬船事業から撤退したことにより売上高は大幅減となったが、冷蔵倉庫事業で入庫貨物の確保を図り営業力を強化したことに加え、2014年末に稼動を開始した城南島事業所がその後も順調に稼動していることなどから、セグメント利益は大きく改善した。内容的には順調な決算だったと言える。

e) 鰹・鮪事業
鰹・鮪事業の業績は、セグメント別売上高で14,648百万円(同10.0%増)、営業利益で581百万円(同479.1%増)と増収・増益となった。

海外まき網事業では、水揚重量は前年同期比で減少したが、魚価(平均単価)が約50円/Kgほど上昇し引き続き高値で推移したことから、水揚金額は前年同期比で増加し収支が大きく改善した。

養殖事業は全体ではまだ赤字であるが、出荷量は着実に増加している。そしていよいよ、2017年11月から完全養殖クロマグロの出荷が開始された。このクロマグロは、「本鮪の極 つなぐ<TUNAGU>」と名付けられ差別化を図っていく方針だ。2018年3月期の出荷高は60トン、来期(2019年3月期)には200トンを目指している。現状では、まだまだ改善すべき点が多いが、これを改良していくことで、歩留まり、採算も向上の余地があり、今後の展開が楽しみである。

加工販売事業では、外食・量販店向けにカツオタタキやネギトロ製品の販売が順調に伸びている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below