December 15, 2017 / 6:11 AM / a year ago

カドカワ Research Memo(8):メディアミックス戦略の推進により、中期的な成長拡大を進める


*15:07JST カドカワ Research Memo(8):メディアミックス戦略の推進により、中期的な成長拡大を進める
■成長戦略

1.新中期ビジョンについて
カドカワ9468は2017年3月期の決算発表と同時に発表した新中期ビジョンでは、ネット時代が広がりを見せるなかで、ネットとリアルを融合したメディアミックス戦略を展開しながら事業を拡大していく方針を打ち出した。成長に向けてIP創出の触媒としての機能を果たすだけでなく、IPをメディアミックスによって多重化していくことで価値の最大化を図るとともに、様々なチャネルにおいてユーザー接点を持つことで、収益獲得機会につなげていく。

当面の注目点は、2018年2月に開始するスマートフォン向け新サービスを含むniconicoの新バージョンniconico(く)となる。同社では魅力的なサービスを提供することで、niconico動画サービスの収益再成長を目指している。また、出版事業においては所沢の書籍製造・物流拠点の稼働に向けたテスト生産が順調に進んでおり、2020年の稼働開始以降の収益力強化につながるものと期待される。

新中期ビジョンでは経営数値目標を発表していないが、これは新規Webサービスのインパクトがどの程度が現段階で予測するのが困難であり、不確実性の高い目標値を発表することは好ましくないと判断したためだ。弊社では、1)同社が推進するメディアミックス戦略が着実に収益に結びつき、そのノウハウが蓄積され、各事業セグメントにおいてシナジー効果が発揮されること、2)出版事業においては、ワンカンパニー制による収益力の向上・安定化が進むなかで、2020年の書籍製造・物流拠点稼働によって収益力の向上が一段と進むこと、3)新規Webサービスの投入によって新たな成長ポテンシャルが期待されること——などから、現状は投資費用が先行して低迷する業績も中長期的に見れば着実に成長し、拡大していくものと予想している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below