December 15, 2017 / 6:11 AM / 9 months ago

カドカワ Research Memo(9):海外事業は2021年3月期に売上高200億円を目指す


*15:08JST カドカワ Research Memo(9):海外事業は2021年3月期に売上高200億円を目指す
■成長戦略

2. 海外事業戦略について
カドカワ9468は海外で日本のコンテンツの価値が高まるなか、海外事業についても強化していく方針を打ち出している。海外売上高はライセンス売上高を含めて2017年3月期の100億円弱から2021年3月期には2倍増の約200億円に拡大していくことを目指している。現在の海外売上としては海外拠点における書籍やグッズ等の販売収入のほか、出版物のライセンス収入、映像コンテンツのライセンス収入がある。2017年3月期の売上構成比としては、海外拠点販売収入が5割ほど、残りを出版物と映像コンテンツのライセンス収入で二分する格好となっている。

特に、ここ数年はデジタル技術の進展に伴いネットフリックス等の海外動画配信業者からの映像コンテンツの引き合いが活発化しており、海外でのメディアミックス展開が拡大していることが特徴となっている。また、ゲームコンテンツも同様で、グループ子会社が開発したゲームコンテンツをSteamに投入することで売上拡大機会が増えている。

同社では今後もKADOKAWAの高いブランド力と豊富なIPを活用し、現地パートナーとの提携やアライアンスによる生産体制を構築するなどして海外での事業拡大を推進していく戦略だ。特に、中国ではインターネットサービスで最大手のテンセントとの協業によるゲーム事業の拡大が期待される。同社が2010年に中国国有企業と合弁で設立した子会社、広州天聞角川動漫有限公司に、テンセントが2016年9月に資本参加(合弁先から株式の一部を取得、出資比率41%)しており、今後、テンセントの電子配信プラットフォームを通じて、漫画やライトノベルの展開を加速させるほか、ゲームコンテンツやメディアミックス戦略でも協業していくことが見込まれており、今後の動向が注目される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below