December 15, 2017 / 7:46 AM / a month ago

エイジア Research Memo(8):AIエンジンを活用した実証実験プロジェクトを開始


*17:16JST エイジア Research Memo(8):AIエンジンを活用した実証実験プロジェクトを開始
 



■今後の見通し

3. クロスチャネル対応マーケティングプラットフォームの構築に向けて
エイジア2352は中期経営ビジョンとして、「クロスチャネル対応マーケティングプラットフォーム」の構築を実現していくことを最重要課題として取り組んでいる。「クロスチャネル対応マーケティングプラットフォーム」とは、消費者が欲しい情報を、最適なタイミング、かつ最適なチャネル(メール、LINE、SMS、アプリ、電話、DM等)で配信することを実現するマーケティングオートメーションシステムの進化版を指す。最適なタイミングやチャネルを判別するために、消費者データ(ビッグデータ)を収集し、AI技術を用いて迅速に分析・整理し、運用できるプラットフォームを今後3年かけて開発していく計画となっており、2020年3月期のサービス開始を目指している。

AI技術に関しては専門企業の技術を活用して行く方針で、2015年にはメタデータ(株)と資本業務提携を締結して開発を進めているほか、2017年6月にはAI技術開発のベンチャーである(株)ABEJAが提供するパートナーシッププログラムに参画し、ABEJAのAIエンジンを使ってマーケティングオートメーションの実証実験を11月より開始している。

実証実験では、マーケティングオートメーション機能で重要となる「最適化」に関する4つの変数(ターゲット、タイミング、チャネル、コンテンツ内容)のうち、タイミングとターゲットの2項目について検証を行っていく。タイミングではメールの配信時間の違いによる反応率の変化を、ターゲットではメール配信後の反応の違いを顧客属性(ターゲット)ごとにAIエンジンを使って検証していく。今回は主要顧客3社と個別に約1週間の期間で実証実験を行い、2017年内に実験結果を検証し、今後の製品開発に生かしていく考えだ。

AIエンジンに関してはメタデータとABEJAのいずれかを採用する方針となっている。ABEJAについてはディープラーニング技術で優れているものの、パターンマッチングスピードについてはメタデータのほうが優れている。今回の実証実験ではスピードは求めていないため、今後実証実験の回数を増やしていくなかで、最適なAIエンジンを採用することになりそうだ。AIエンジンを搭載した高精度な「クロスチャネル対応マーケティングプラットフォーム」が完成すれば、同社の収益けん引役に育つことが予想されるだけに、今後の動向が注目される。

なお、マーケティングオートメーションシステムの市場は、米国で2010年以降に立ち上がり、日本でも2014年に入って日本オラクル4716やセールスフォース・ドットコム(CRM)、IBM(日本アイ・ビー・エム(株))などがサービスの提供を開始し、市場が立ち上がり始めている。市場調査会社の予測によれば、同市場は2015年(見込)の272億円から2020年には559億円と年率14%増ペースで拡大する見通しとなっている。ここ数年、参入企業も増加し競争が激化してきてはいるものの、同社では電子メール配信ベンダー大手としての強みを生かすことでMA市場でのシェアを拡大していく考えだ。

また、AIエンジンを活用したソリューションサービスの市場についても、今後高成長が見込まれている。なかでも同社の対象領域であるCRM/コールセンター市場では2016年の271億円から2021年には1,092億円に、広告・マーケティング市場では2016年の237億円から2021年には1,530億円とそれぞれ数倍規模へ成長する見通しとなっている。AI技術を活用したソリューションサービスをいかに早く開発、提供していけるかが、今後の成長性を大きく左右するとも言える。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below