December 15, 2017 / 9:11 AM / a year ago

べネ・ワン Research Memo(5):20%前後の増収増益の高成長を見込む


*18:05JST べネ・ワン Research Memo(5):20%前後の増収増益の高成長を見込む
ベネフィット・ワン2412の今後の見通し

2018年3月期通期の連結業績予想は据え置かれた。売上高は前期比18.7%増の35,000百万円、営業利益が同19.6%増の7,000百万円、経常利益が同21.3%増の6,950百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同19.3%増の4,600百万円と20%前後の増収増益としている。増収額5,522百万円の主な内訳は、ヘルスケア事業の2,521百万円(前期比50.6%増)、福利厚生事業の1,050百万円(同7.3%増)、インセンティブ事業の761百万円(同20.4%増)等である。

「福利厚生+パーソナル+CRM」は、下期において、上期に利益を圧迫した利用促進とIT投資は平準化を図る。経費コントロールを徹底することで、通期営業利益目標(6,165百万円)の達成を目指す。インセンティブ事業は、既存顧客におけるポイント交換が引き続き堅調に推移する見通し。売上高増加に対し、販管費は前期並みを想定していることから、利益率が改善する。ヘルスケア事業は、人手不足や健康経営を追い風に受注が拡大している。業務効率改善で原価・販管費ともに抑制されており、通期の売上高は前期比50.6%増、営業利益は同53.8%増が見込まれている。受託事業の早期着手・納品を図るとともに、健康ポイント等のグループクロスセルを推進している。同事業は、顧客からの申し込みや検診機関とのコンタクトなどで電話利用が多い。今後は、Web利用などIT化を進めることで、一段の経費削減を行う。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below