December 18, 2017 / 11:27 PM / a month ago

ビーロット---「ドシー(℃)恵比寿」の商品化を発表。


*08:21JST ビーロット---「ドシー(℃)恵比寿」の商品化を発表。
ビーロット3452は同社子会社のヴィエント・クリエーションが所有する恵比寿のカプセルホテルの運営をナインアワーズ(本社:東京都港区)に委託したことを発表。
新たなサービス「ドシー(℃)」ブランドのカプセルホテル1号店が16日にオープンした。

ドシーはフィンランドの本場サウナであるロウリュウを東京中心部で体感できるカプセルホテル。客室数162室(男性102室、女性60室)、JR恵比寿駅より徒歩1分の好立地。2018年春には、同じくJR五反田駅徒歩3分の立地に「ドシー(℃)五反田」の商品化も予定している。同社では、本物件を販売用不動産として一定の期間保有し、長期安定収入が見込まれた後に販売活動を行うとしている。

同社では、従来の収益用一棟ビル・一棟マンションに加え、海外富裕層の投資ニーズをうけたインバウンド施策として那覇・小樽・京都等の全国でホテルのプロジェクトが進捗しており、今後商品ラインナップの拡充を図る方針だ。


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below