December 19, 2017 / 3:47 AM / a month ago

エレマテック Research Memo(4):その時々の成長産業・成長市場をしっかりつかむことで業績の安定成長性を実現


*12:53JST エレマテック Research Memo(4):その時々の成長産業・成長市場をしっかりつかむことで業績の安定成長性を実現
 



■会社概要

3. 安定成長性と業績安定性
エレマテック2715の最大の特長・強みは、その“業績の安定成長性”や“高い業績安定性”だと弊社では考えている。過去の業績を振り返ると、携帯電話、ゲーム機、液晶テレビ、スマートフォンなど、その時々の成長産業・成長市場に対して部材を供給することで、右肩上がりの成長を続けてきた。

同社の業績は売上高では2016年3月期に、経常利益では2015年3月期に、過去最高を記録しているが、これをもたらしたのはスマートフォンであったことは疑いない。そのスマートフォン関連の売上高は、ピークの2016年3月期から2017年3月期にかけて約100億円減少した。2017年3月期から2018年3月期にかけてはさらに200億円の減少が見込まれている。

しかしながら、同社の業績は2017年3月期において前期比減収減益とはなったものの、水準としては高位をキープしている。2018年3月期は前期比増収増益に転じることが見込まれている。詳細は後述するが、自動車関連など、(同社にとっての)新たな成長市場・成長ビジネスが育っていることが背景にある。こうした成長産業の波をうまく捕まえることが可能なのは、前述したように、製品・取引先の多様性と、それを有機的にビジネスに結び付けられる同社の組織としての強さだと弊社では考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below