December 19, 2017 / 3:52 AM / 6 months ago

エレマテック Research Memo(8):「付加価値創造」と「真のグローバル化」への取り組みが成長実現の突破口


*12:45JST エレマテック Research Memo(8):「付加価値創造」と「真のグローバル化」への取り組みが成長実現の突破口
■中長期の成長戦略

2. 中期成長のための2つの重点施策
前出の6項目の重点施策の中でも特に重要なのは、「高付加価値型ビジネスの強化」と「グローバル展開の推進」の2つだと弊社では考えている。この2つは『エレマテック×』において、「テクニカルソリューション・付加価値創造の取り組み」と「真のグローバル化への取り組み」として重ねて強調されている。

「テクニカルソリューション・付加価値創造の取り組み」はエレマテック2715の特長・強みの1つである「企画開発機能」を生かして、顧客に最適なソリューションを提案しようという取り組みだ。顧客に“最適”を提案することが同社にとっては付加価値の創造を意味する。具体的には、顧客のニーズを的確に把握することからスタートし、顧客のエレクトロニクス、メカトロニクス、外装、デザインなど多岐に渡る様々なニーズに対して、国内外約6,100社の仕入先の中から最適な商材を探索し、あるいはニーズに見合う製品を企画・設計・試作を行い、顧客のニーズに合ったソリューションを提案していくというものだ。

「真のグローバル化の取り組み」は、同社の有する海外ネットワーク機能を生かしてグローバル・ダイレクト・アカウント化を推進する取り組みだ。これまでの同社の海外取引は、日系のデバイスメーカーや電子部品メーカーに電子材料等の部材を供給し、そこで作られた部材が海外のアセンブラーや最終製品メーカーに販売されるという間接的なものが中心で、海外企業との直接取引は限定的であった。グローバル・ダイレクト・アカウント化とは、海外の最終製品メーカーに自社アカウントを開設し、直接取引を行うことを意味している。

同社がグローバル・ダイレクト・アカウント化を目指す背景には、同社の直接の顧客である日系エレクトロニクスメーカーの相対的な地位の低下がある。このまま日系メーカーだけを頼っていてはいずれじり貧になるという危機感が、同社にグローバル化に向けた本格的取り組みを決断させたといえる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below