Reuters logo
コスモ・バイオ---Proteomedix Frontiersと業務提携、ペプチド事業の強化を図る
December 19, 2017 / 7:47 AM / a month ago

コスモ・バイオ---Proteomedix Frontiersと業務提携、ペプチド事業の強化を図る


*16:42JST コスモ・バイオ---Proteomedix Frontiersと業務提携、ペプチド事業の強化を図る
コスモ・バイオ3386は19日、Proteomedix Frontiers(本社:宮城県仙台市、以下「PF社」)との間で、ペプチド事業に関する業務提携を行うと発表した。

同社は、3ヶ年計画における事業戦略の一つとして「新たな事業基盤の創出」を掲げ、新規事業の創出あるいは資本・業務提携等による業容拡大を目指している。そのなかで同社は、2016年12月よりペプチド合成サービスを開始しており、積極的に事業展開を進めている。

今回のPF社との業務提携は、ペプチド合成サービスのラインアップ強化の一環である。既存の「AQUAグレードペプチド※合成サービス」にPF社のAQUAペプチドデザイン技術を加え、質量分析計を用いたタンパク質の定量に最適なAQUAペプチドの配列デザインから合成までの一貫サービスを新たに開始する。

PF社は、東北大学大学院薬学研究科の寺崎哲也教授らが開発した特許技術を活用し、最適なAQUAペプチドの配列デザインを行うことができるが、AQUAペプチド合成設備は保有していない。一方、同社はAQUAペプチド合成設備を有し、またAQUAペプチドの潜在顧客を多く抱えている。

両社が連携してAQUAペプチド配列デザインサービスを開始することで、研究者へのよりよい研究ツールの提供が期待される。

なお、今回の業務提携による同社グループ全体の当期業績に与える影響は軽微だが、今後、適時開示が必要になった場合には速やかに公表するとのこと。


※ AQUAペプチド(the absolute quantification)とは、ペプチドの構成成分であるアミノ酸の一部の窒素原子や炭素原子を安定同位体に置き換えた(=安定同位体標識をした)ペプチドで、もとのペプチドに比べ、安定同位体の分だけごくわずかに質量が大きくなっている。質量分析計を用いて研究対象のタンパク質を正確に定量する目的で使用される。


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below