December 19, 2017 / 10:48 PM / a month ago

神戸物産---17/10期は営業利益が23.4%増、業務スーパー事業が堅調


*07:38JST 神戸物産---17/10期は営業利益が23.4%増、業務スーパー事業が堅調
神戸物産3038は15日、2017年10月期連結決算を発表した。売上高が前期比5.1%増の2,515.03億円、営業利益が同23.4%増の146.06億円、経常利益が同80.8%増の157.78億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同83.0%増の83.46億円となった。

業務スーパー事業は、45店舗の出店、12店舗の退店の結果、純増33店舗で総店舗数は780店舗となった。出店に関しては九州地方に積極的な出店を計画すると同時に、営業年数が長くなり老朽化してきた店舗の移転等をFCオーナーに勧めている。また、既存店舗の活性化、顧客ニーズに対応したPB商品の開発、及び自社輸入商品の増強等、多角的な販売施策を講じ、リピーター及び新規顧客の獲得に努めた。

神戸クック事業は、「神戸クック・ワールドビュッフェ」の総店舗数は全国で16店舗、「Green’s K」の総店舗数は全国で9店舗、「Green’s K 鉄板ビュッフェ」の総店舗数は全国で2店舗となった。不採算店舗の閉店を進めたことで退店数が出店数を上回り、総店舗数が減少した。

クックイノベンチャー事業は、商品提供への取り組み強化に併せ、ブランド力が高い業態はその知名度を活かしつつ、店舗改装やメニューのブラッシュアップなどの業態改善とそのFC加盟開発の強化、新業態の開発に努めた。

エコ再生エネルギー事業は、太陽光発電事業において、2017年10月末現在、計13か所で約15.9MWを発電している。

2018年10月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比5.4%増の2,650億円、営業利益が同2.7%増の150億円、経常利益が同6.2%減の148億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同15.0%増の96億円を見込んでいる。なお、経常利益予想について、2017年10月期に発生した為替変動によるデリバティブ評価益等、約12.5億円分を見込んでいないため減益予想となっているが、実質的には1.9%程度の成長を見込んでいる。


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below