December 20, 2017 / 6:54 AM / 6 months ago

博展---スプラシアがAIを活用し、クラウド型音声自動テキスト化サービスを法人向けにリリース


*15:47JST 博展---スプラシアがAIを活用し、クラウド型音声自動テキスト化サービスを法人向けにリリース
博展2173のグループ会社であるスプラシア(本社:東京都中央区)は、自社アプリケーションプラットフォームの新機能として、AIを活用したクラウド型音声自動テキスト化サービスをリリースした。

これは、スマートフォンのデバイス内アプリケーションにて録音した音声データを、AIによりクラウド上でテキストデータに自動的に変換するサービスである。現在は日本語・英語に対応。録音された音声データは、クラウド上でテキストデータへの自動変換が行われ、リアルタイムに管理画面に登録され、編集・ 保存・再利用が可能。

自社アプリケーションプラットフォームとの連携により、アカウント管理機能が充実、要望に合わせたカスタマイズやAPI連携をはじめとした他サービス・モジュールとの連携などに柔軟に対応可能。

今後は、対応言語の増加、テキストの自動翻訳と翻訳されたテキストの音声データ化、単語学習・一括登録機能、テキスト要約機能、分析機能などの基本機能強化を図るとともに、文字数カウントや自動補正機能、専門用語に特化した辞書機能などあらゆるニーズに適応したサービスへの進化を目指している。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below