December 20, 2017 / 8:29 AM / 9 months ago

IRJーHD Research Memo(2):SRコンサルティング支援や投資銀行案件が拡大


*17:19JST IRJーHD Research Memo(2):SRコンサルティング支援や投資銀行案件が拡大
■アイ・アールジャパンホールディングス6035の2018年3月期第2四半期のハイライト

1. SR(株主対応)コンサルティング支援の増加
(1)  SRコンサルティング支援に関しては、アクティビストの活動が活発化するなか、国内・海外実質株主判明調査の受注が増加している。同業が存在するが同社グループはオリジナルのサーベイで、調査対応がスピーディに行われることも増加要因になっている。

(2)  同社グループは、機関投資家が議決権に対してどのように反応するかというデータを持ち、また、機関投資家ごとの議決権行使率も把握できており、議決権リスクの高まりにより議案賛否シミュレーションを依頼する企業が増加している。

2. コーポレートガバナンス・コード対応支援
(1)  コーポレートガバナンス・コード導入が3年目を迎え、取締役会評価に第三者視点評価を検討する企業が増加している。

(2)  相談役・顧問等の任意開示が始まり、独立社外役員に対するニーズが増加傾向にある。

3. 投資銀行案件の増加
(1)  アクティビスト対応にかかる議決権支援や、買収防衛支援などプロキシー・アドバイザリー業務が増加している。海外のアクティビストが日本に参入してきており、今後の同社グループの業務の拡大が見込まれる。

(2)  既に、実質株主判明調査等、他業務における顧客からの資本政策やM&AなどFA(フィナンシャル・アドバイザリー)業務の依頼が増加している。

4. 証券代行事業の着実な増加
(1) 受託決定企業社数は、49社となり、前年同期時点の41社から着実に増加している。

(2)  その結果、管理株主数は265,807名となり、前年同期時点の263,641名から増加した。既上場会社から証券代行業務の同社グループへの変更が難しいため、株式上場前後の企業からの受託が多い。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 福田 徹)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below