December 21, 2017 / 6:40 AM / a year ago

日本調剤 Research Memo(6):価格競争を回避し採算性重視の販売政策を貫徹


*15:36JST 日本調剤 Research Memo(6):価格競争を回避し採算性重視の販売政策を貫徹
■業績の動向

3. 医薬品製造販売事業の動向
日本調剤3341は今期、ジェネリック医薬品の価格競争からの脱却を優先課題として臨んだ。価格競争の激化は2017年3月期における当セグメントの業績悪化の主因であり、今期はその改善に取り組んだ。

今第2四半期は、自社の調剤薬局での販売は増収となったものの、価格競争を避けた外部販売の売上高は前期比横ばいとなった。セグメント売上高は、前年同期比では2.6%増収だったが、計画対比では採算性を重視した販売政策の影響で、4.8%の未達となった。

営業利益は前年同期比46.4%減となった。つくば第二工場第1期の稼働を2018年度に控えて、自社生産品の品目数拡大のために研究開発費を増やしたことや、減価償却費の増加、価格競争による粗利益率の低下、などが減益の主な要因だ。

計画対比では計画を26.7%(135百万円)上回った。これは研究開発費の一部が下期に先送りされたためだ。先送りされた分は下期には費用計上される見通しで、その分だけ利益下押し要因となる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below