December 21, 2017 / 6:40 AM / 9 months ago

日本調剤 Research Memo(8):調剤薬局事業50%、それ以外の事業で50%の営業利益構成比を目指す


*15:38JST 日本調剤 Research Memo(8):調剤薬局事業50%、それ以外の事業で50%の営業利益構成比を目指す
■中長期の成長に向けた経営戦略

1. 中長期的に目指す事業ポートフォリオ
日本調剤3341は3事業を展開しているが現状はコア事業である調剤事業が占める割合が非常に大きい。2017年3月期実績ベースでは、営業利益の74%を調剤薬局事業が占め、残りを医薬品製造販売事業と医療従事者派遣・紹介事業の2つが分け合う形となっている。

同社は、事業ポートフォリオの当面の目標として、営業利益の事業セグメント別構成比を、調剤薬局事業50%、それ以外のセグメントの合計50%とすることを掲げている。調剤薬局事業はコア事業としてこれまで同様拡大を目指す一方で、他の2事業はその利益率の高さを生かして構成比を上昇させる計画だ。

重要なことは、同社は3つの事業のそれぞれについて、明確な成長戦略を描けているということだ。調剤薬局や医薬品の製造・販売は国の健康保険制度に組み込まれているため、制度改定の影響を避けられない。そうした制約があっても、個々の事業ごとに明確な成長戦略を立て、業績の成長につなげていることが同社の特長であり、最大の強みと言える。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below